白目をきれいに
2016年02月01日 (月) | Edit |
牡蠣購入のため、江田島市にある山本水産へ。

ここ3年くらい年1回のペースで訪れていて、そのついでに周囲の蔵で日本酒買ったり、ラーメン食べたりしています。

『康龍』もそういう流れで訪れたんですけど、事前情報はないわ、入りにくい外観だわと僕でも少し尻込みしたくらい(苦笑)。





しかし、食べてみなきゃ分からないものです。





お店があるのは江田島市能美町鹿川という街でして、大豆うどんで有名な「ふれあいプラザさくら」の少し先と言いますか、何と言いますか。

飲食店がなさそうな雰囲気のエリアに忽然と姿を現しますので、見落とし注意です。





店の隣の未舗装区画に車を停めて、中に入りましょう。





入ってすぐの土間で靴を脱ぎ、座敷に置かれた机に陣取る事に。

机は2卓有り、8名くらいなら入れると思います。

お店の切り盛りは男性店主がお一人で。





メニューはとんこつラーメン(塩・醤油)、チャーハン、麻婆丼、天津丼など。

食材のロスおよび一人で切り盛りと言う観点からメニューを絞っているものと推察されます。




注文したのはラーメン定食でして、いわゆる半チャンラーメンとのこと。

どんな一杯が出てくるか、恐々しながら待つこと少々。

出て来たラーメンは、意外にも旨そうなビジュアルで、ちと驚きです。







早速スープをいただいてみると、鶏が強めの豚骨醤油でして、少しとろみのあるスープはなかなかの旨さ。

わずかな渋みと酸味がある元ダレは強めに効いていて、味の輪郭もしっかりしていますね。

具材は、もやし、青ねぎ、チャーシュー、とろろ昆布、背脂。

とろろ昆布は珍しいなぁ。



チャーシューを食べた感じでは、漬けダレを元ダレに使っているのかなという印象を受けました。





麺は、軽く縮れた黄色麺。



スープのリフトもよく、まずまずの麺かなと感じました。

※単品のラーメンはストレート麺。ちゃんと理由はあるんですって。





チャーハンは、ところどころをあえて焦がした作り方で、手作り感あり。







正直なところ、ネタになればと言う思いで入店したんですけど、期待以上のラーメンに驚かされました。

いわゆるギャップ萌えでしょうか(笑)。

ごちそうさまでした!!!

(2015.12)



■お店のデータ
康龍
江田島市能美町鹿川4674
0823455185
11時~13時
17時~20時
※客0だと20分程度の早仕舞有り
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック