2016年01月28日 (木) | Edit |
※2016.2閉店確認

最近、そばに少し興味がわき始めまして。

と言っても、とりあえず何軒か食べてみようかなという程度なんですけどね(苦笑)。

そんな中訪れたのは、中区紙屋町にある『そば処 禅』。

広島国際ホテルのすぐ近くにあるお店で、周囲には「雷 立町店」や「永斗麺」などが建ち並ぶエリアです。

ラーメンがお好きな方には、「海風堂」の跡地といえばピンと来るでしょうか。







入口付近に置かれているメニューです。



日替りが大きく打ち出されていて、その下には単品や丼とのセットの記載も。

この日の日替りは海鮮丼でした。



「蕎麦屋で海鮮丼か~」とも思いましたが、丼とのセットでは最もお手頃でしたので、それを注文しようと思い入店。





中に入ると入口正面奥に調理場があり、その他のスペースにはカウンター・テーブル・小上がりの3種類の客席が用意されています。



このレイアウトは、確かに「海風堂」の頃と同じですけど、こんなに広かったっけ?と思うところもあったりして。

記憶って曖昧なもんですね(苦笑)。





日替りの登場を待ちながら、ふと目に入ってきた酒瓶。

獺祭50、華鳩、九平次。

蕎麦前も楽しめるのかと思いメニューをみたところ、夜は蕎麦も出す居酒屋(和風だいにんぐDO-楽)として営業することが分かりました。





さてさて、出て来た日替りはこちら。







まずはかけそばから手をつけてみましょう。



透明度高めのツユからは、落ち着いた節の香りと溶け込んだ蕎麦の風味が。

喉を通った後、舌先には甘みが残ります。

小雨が降る寒い日には、あたたかいツユがご馳走に感じますね。

蕎麦自体は、コツッとした食感を残した固めの茹で具合。

むにっとした蕎麦を出す店もありますし、この辺りは店の個性なんでしょうね。





海鮮丼。



温かい白飯に、海老・サーモン・いくら・生タコ・ニシ貝が鎮座。

良くもなく悪くもなくといった印象でしょうか。





日替りは、夜営業の仕入れを昼に使うというニュアンスもあるんでしょうから、日によっては面白い丼と出会えるかもしれません。

前を通ったときには、チェックしておきたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2015.12)



■お店のデータ
そば処禅
広島市中区紙屋町1-5-3
0822418138
営業時間・定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック