白目をきれいに
2016年01月22日 (金) | Edit |
※閉店確認済。



先日、定休日で振られた『奉天閣』に行ってきました。

ここに来る時って、前日の食事がかなり少なめでお腹がペコペコの日。

今回は前日にかけうどんしか食べていないので、ある意味万全の体制でして(笑)。





中に入って気付いたんですが、以前は4名程度で切り盛りだったのが、この日は男女2名で。

しかも日本語がきちんと分かる方とお見受けしました。

曜日によるのかもしれませんが、結果的に店内の雰囲気はよくなっていて、ご常連へのにこやかな挨拶なども。





さて、メニューも少し変わったような気が。









これらに加えて、ちゃんぽんのメニューや店頭の黒板メニューなどもあり、種類の多さとお値段の安さは健在のようです。





僕が注文したのは、若鶏の唐揚げ定食。

数日前から食べたかったんですよ、唐揚げ~





「時間掛かりますけど」と言われ、待つこと10分程度。

出て来た唐揚げは、分かっちゃいたけどかなりの大きさです(笑)。



隣のそこそこ大きな丼めしと比べると、大きさのイメージが伝わるでしょうか。





成人女性の拳くらいの大きさのが3つあり、それより2周り程度小さいのが2つ。



肉の量にすると、鶏もも肉1.5枚分はあると思われます。

いや、もっとあるか。

お値段(600円)を考えると、このボリュームは凄いですよね。





早速揚げたてにかぶりついてみると、熱くて食べ進められないという(苦笑)。

少し間を置いて食べてみると、中までいい具合に火が通っており、ややジューシーな仕上りです。

下味は強くなく、塩・コショウ・醤油・にんにくという感じ。

衣は片栗粉で少し厚め。





大きな唐揚げにかぶりつき、ご飯を口に入れ、ある程度なくなったらお茶で口の中を冷ます。

この繰り返しを何度やったでしょうか。

少し飽きてきたので、途中からはレモンを絞り食べ進めることに。

すると、ツンとした刺激強めのレモンと唐揚げの相性がよく、これはなかなかの旨さ。

なお、サラダとスープはもう少し薄味だったらバランス的には良いと思いました。





一つ惜しかったのは、小さめの唐揚げの揚げ具合。

揚げ時間を大きい塊に合わせていたので、少し揚がり過ぎていました。

ま、やむなしですかねぇ。





夜は刺身とかカキフライがあって、居酒屋っぽい使い方も出来そう。

もし千田町に広大があのまま残っていたら、この店、大繁盛だろうなぁ。

ごちそうさまでした!!!

(2015.12)



■奉天閣の訪問記
奉天閣(2014.8)
奉天閣2(2014.11)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック