白目をきれいに
2010年07月13日 (火) | Edit |
今までに何度も訪れているのになぜか記事にしていませんでした。ご存知の方も多いでしょうが、改めてここでご紹介を。

中区立町にある『善吉』は、お昼は惣菜・お弁当を販売し夜は立ち飲みという、いわゆる二毛作営業のお店です。

※お昼は未訪。近いんでその内行きます。

2010070521330000.jpg



立ち飲みスペースは、6畳位でしょうか。

それでも詰めれば10人以上は入れます。

僕は2軒目で訪れる事が多いですね。

善吉でお腹いっぱいにしようと思ったら長居してしまいますから。



この日も利根屋(記事はこちら)の次に訪れました。

月曜日の夜という事もあって、比較的空いています。



店内はコの字型のカウンターと、誰が作ったかは分かりませんがダンボールでできた即席カウンター(?)があります。

ここではいつも日本酒セットを注文します。

日本酒とつまみ1品で500円。

お酒のクオリティを考えると安すぎる位です。

ポテサラ・豚の燻製・おでん・すじ見込み・豚汁・・・等、セットのつまみはたくさんあって覚えきれません(苦笑)。



日本酒は冷蔵庫から瓶を出して目の前に並べてくれます。

要は好きなのを選べと(笑)。



この日は良いのがありました。

山口県は永山本家酒造場「貴」の夏純米微発泡にごりです。

2010070521370000.jpg

これ1杯で500円以上取るお店もあるでしょうに。。。

つまみとセットで500円だなんて、僕たち酒飲みには嬉しいですね。



「貴」は香り先行型のイメージがあるので普段は飲まないのですが、「にごり」なら味もしっかりしているので安心して飲めます。

実際、旨かったです。



次。

山口県は中島屋酒造場「寿」特別純米。

初めて見るお酒です。

2010070521580000.jpg

※あとで調べて知ったのですが、「カネナカ」と同じ蔵なんですって。



口に含むと米ぬかの香りが感じられますが、嫌味になる直前でホワッと消える辛口のお酒です。

これで終わりにしようと思ったのですが、目の前に並んでいる酒瓶の中にちょっと興味をひかれるのがありました。



う~ん、どうしよう。。。

ま、明日は休みだし、もう一杯飲むか!

と注文したのが、新潟県は白瀧酒造の上善水如(じょうぜんみずのごとし)純米吟醸。



名前の通り水のような日本酒です。

僕の苦手な奴。

なぜ頼んだかと言うと、ラベルがローマ字だったから(笑)。

酔い+好奇心ですね。

2010070522120000.jpg
※後ろに写っているのは亀齢の「八九(はちく)」。



ん、甘い。

酸味がないので甘さが切れず、最後まで甘いお酒です。

やっぱり苦手だ(苦笑)。



この日は二人でお酒5杯に串揚げ3本、惣菜2つ、つまみ1品。

お会計は2,400円也。相変わらず安いなぁ。



他にも数多く立ち飲み店があります。僕も何店か訪れましたが、いつも善吉に行きます。

1.日本酒の品ぞろえが良い&珍しいのがある
2.お店に行くと、大抵は顔見知りの酒飲みがいる
3.マスターのお人柄

理由を挙げるとこんなところでしょうか、酒飲みの皆さん(笑)。

美味しかったです。ごちそうさまでした!!!

※お総菜も好き。
2010070521360000.jpg

※お店に行くたびに「こんなところに来ずに、あの店に行ってみて!」と言われる。こんなところって(苦笑)。最近言われたお店は、「角打福本屋(立ち飲み)」の日本酒飲み放題の時、カ・ジーノ(銀山町のイタリアン)将軍(立町の焼鳥屋)

※女性の1人客が多いです。格好良いなぁ。

(2010.7)


■お店のデータ
善吉(ぜんきち)
広島市中区立町5-7
0825456239
10:30~15:00 17:00~23:00
定休日:土・日・祝
惣菜・串揚げ・丼物・つまみ・日本酒・ビール・焼酎などメニュー多数。善吉サワーと言ってクエン酸入りの酸っぱいサワーもおススメ。


■善吉の訪問記
善吉2(2011.1)
善吉3(2011.3)
善吉4(2012.3)
善吉5(2017.2)


■他の飲食店記事はこちら


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック