白目をきれいに
2015年12月31日 (木) | Edit |
宮島からの帰り。

広電で廿日市駅まで移動し、この日の晩酌処を目指すことに。





今回の舞台は、事前に目をつけておいた居酒屋の『朋』です。

食べログやいくつかのブログで廿日市のお店を調べてみましたが、『朋』の料理写真が一番良さそうだったので、ここに決めました。

旅先でもこのような決め方をするんですけど、大外れがないので、「さすがオレ」と自画自賛しております(笑)。





お店の場所は、広電廿日市駅と宮島街道のちょうど中間の辺りです。



中に入ると奥に向かった一文字のカウンターがあり、最奥には座敷が。

顔のいかつい大将がいらっしゃるかと思いきや、キレイ処のお姉さま方が3名で切り盛りされていました。





メニューは、壁に張られた手書きの短冊。

仕入れによってメニューを変える方式でしょうか。

鮮魚・野菜・肉・麺などを広くカバーされていて、おススメを聞きながらの注文が良いと思います。





つき出しは、ポテトサラダと海老の茹でたの。







亀齢の熱燗(上撰)を飲みつつ、おススメを聞きつつ。

鯛の昆布締め。



昆布締めした時間は短いように思いますが、昆布の風味は強めに移っていました。





手羽先餃子。



これは鉄板に旨い!





くわいの素揚げ。



これ、ぽくぽくと旨いんですよ。

見つけたら反射的に頼んでしまいます。





太刀魚の炙り。



身が薄かったのは残念ですけど、お味の方は上々。





しいたけ蒸し焼き。



自宅で取れたしいたけですって。

シイタケから出た汁が旨かった。





メバルの塩辛。



僕は初めて食べましたが、なかなか旨いもんですねぇ。

薄くてプリッとした袋状の塩辛は、浮き袋だったのかな?





太刀魚の骨せんべい。



これも鉄板!





〆の鯛だし中華そば。





ふんわりと鯛が香る醤油スープでして、旨味は強め。

〆の一杯ならもう少し旨味を減らしても良いかなとは思いますが、これはこれできちんと作られていると思います。





鮮魚は少しお高い額面(750~1000円が多い)に感じましたが、その他の料理は安価なもの。

上手にチョイスするとお代も高くならないだろうと思われます。

そして、お料理上手ですので、何食べてもハズレがないかなと。





昼の定食もいいそうですし、夜はコースがおススメとの声も。

自宅からはそんなに時間掛かりませんので、また廿日市駅周辺で飲んでみようと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2015.11)



■お店のデータ

廿日市市廿日市1-5-3
0829312677
11:30~13:30
16:00~22:00
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック