白目をきれいに
2015年12月15日 (火) | Edit |
串焼にも色々なタイプがありますけど、僕が好きなのは一つひとつが大振りでガッツリ食べられるタイプ。

知る限りでは、立町の「やきとり将軍」や最近オープンした十日市の「西乃屋」(未訪、H27.12現在休業中)、そして今回訪れた『豚鳥』が該当するでしょうか。





今回訪問した横川店は、オープンしてから1年とのこと。

己斐店があった頃にはそこそこの頻度で訪れていましたが、横川となると少し遠いんですよねぇ。

己斐店の再開、お待ちしております(笑)。





さてお店の場所は、横川商店街の一角。

エキニシに移転された「ワイン食堂つれづれ」の跡で営業されています。







日本酒がよく見える席を取ってくださったようでして、これは日本酒を飲めというプレッシャーなんでしょうか(苦笑)。









この日いただいたのは、おまかせ5本セットと幾つかの追加した串など。

ガッツリ豪快に食いつき、酒で流す。

実に楽しい串でした!





つき出しの煮込み。



出汁ににじみ出た根菜の旨味、柔らかくて味のあるモツ。

これ旨いわぁ。





鶏皮ポン酢。



コリッコリの鶏皮に旨いポン酢。

これも良い。





おまかせ5本セット。


※砂ずり。


※さび焼き。


※せせり。


※白肝。


※牛串。

この中では、せせりがダントツの旨さ。

大振りなせせりにかぶりつくと、ほわっとした食感がありながら噛み応えがあり、ジューシーな肉汁も楽しめます。

少しだけ軟骨もついていて、これがまたいいアクセントに。





そして、幾つかの串には間に玉ねぎが。

肉と肉の句点になってて、いい存在感です。





お酒は生ビールを経由して、少し熱めにつけていただいた神亀からスタート。



久々に飲みましたけど、少し冷めてきた頃合のほうが、まったりとして良いですね。





2杯目の白影泉は17BY(平成17年度醸造)。



10年前の酒だし、見たことないお酒なので注文してみました。

ラベルを見ると醸造元は下村酒造場ということで、奥播磨の蔵の別銘柄だったんですね。

酸味が強く、酸の後に来る枯れた熟成フレーバーが何とも言えません!





そして、酒飲みに嬉しい配慮。



大きめのグラスに氷なしの水。

分かってらっしゃる(笑





追加のしいたけ、豚タン、ゴルゴンゾーラチキン。







ゴルゴンゾーラチキンはチーズだけでくるかなと思ってたんですけど、出てきたのは甘いタレ(バルサミコ酢?)とゴルゴンゾーラの組み合わせ。

ちょっと想像と違う味で、こう来たか!という感じで、僕にはフィットしなかったんですよねぇ。





ラストの酒は、小笹屋竹鶴の宿根雄町を。



もう造らないようなことを聞いていましたので、飲み納めのつもりで注文してみました。

もう少しサラッとしていた印象を持っていましたけど、ほのかな甘い含みに酸と辛味が続く感じでなかなか旨いですねぇ。





今回はサイドメニューをあまり頼みませんでしたが、なかなか魅力的なメニューが多数。

次回はそちらのほうも楽しんでみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2015.11)

※宿根雄町の後日談。某酒販店にて少量ですが造っていると教えていただき、自宅用に購入。1年は寝かせてみようかな~



■お店のデータ
豚鳥横川店
広島市西区横川町2-10-4
0822961188
17~23時
定休日:月曜日


■豚鳥の訪問記
豚鳥(2010.5)
豚鳥2(2010.11)
豚鳥3(2011.8)
豚鳥4(2011.10)
豚鳥5(2012.11)
豚鳥6(2013.5)
豚鳥7(2013.8)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック