2010年07月17日 (土) | Edit |
「今日は3打数3安打ですが!」

「ナイスピッチングでした!」

「監督、ナイスゲームでした!」



特に野球で多い。

「だからどうしたの?」と、逆に聞き返したくなるような質問が。

事前に選手側と打ち合わせをしているのだろうか?

こういう聞き方をするから自由にエピソードを話してくれ、と。

打ち合わせなしで、もしも僕がこのように聞かれたら、「はい、ありがとうございます」としか答えようがない。

※虫の居所が悪ければ「それが何か?」とでも言ってしまいそうだ(笑)。



質問は具体的かつ答えやすく。



会社で「最近どう?」なんて聞かれるのも結構困る。

何について聞きたいんだろうか?

と戸惑いながら仕事の近況を報告することがほとんど。



アインシュタインはこのような言葉を残している。

『もし自分が死にそうな状況になって、助かる方法を考えるのに1時間あるとしたら、最初の55分は、適切な質問を探すのに費やすだろう』

天才アインシュタインは質問力の重要性に気付いていたようで、「助かる方法を思いつくための質問」を考える事に注力すると言っている。

正しい質問をすれば、正しい答えが導かれるということだ。



自分が望んでいる答えを導き出すための質問。

相手が答えやすい質問。



具体的かつ具体的に。

そして、回りくどくなくシンプルに。



ビジネス、特に営業の場面では「聞く技術」と「聞く勇気」が必要。

技術ばかり磨いても勇気が無ければ聞くことは出来ない。

質問ばかりしても、質問の仕方が下手なら答えは返ってこない。

この二つを磨くべく、日々、切磋琢磨である。

※今度、食事に行った時このように聞いてみようと思う。「このメニューの中で、これを食べると必ずこのお店のリピーターになるという品はどれですか?」さて、どんな反応が返ってくるかな?

※ちなみに「質問力」に関する僕の教科書はこちら。

2010070320230001.jpg
↑ちょっと小難しいことも書いてありますが、質問の威力が良く分かる本です。

2010070320230002.jpg
↑このブログを読んでくれている世の中の営業職の方。オススメ本ですよ。


■その他の不動産に関する記事はこちら







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック