白目をきれいに
2015年11月19日 (木) | Edit |
約5年ぶりに、南区京橋町の『ひよこ』に再訪しました。

ここって、僕がブログを始めた初期の頃に記事にしたお店。

今食べたらどんな風に書くんだろう。

そんな思いが、入店の後押しとなりました。







中に入ると、正面に調理場を囲むコの字型カウンター、右に券売機と書棚などを配置。



お店の切り盛りは、男性店主がお一人でされているようです。





券売機で中華そばの食券を買ったら、自席前のカウンターの高いところに置き、これにて注文完了。

それから程なくして、中華そばが出てまいりました。







そうそう、こんな見た目だったよなと5年前を思い出しながら、しばし観察。

丼の中心に山盛りの青ねぎ、その奥には二つに切られたゆで卵、ネギの周囲は薄切りチャーシューでぐるりと取り囲まれています。

そして、ネギの下には多めのもやしが隠れていました。

これホントに500円なのかと疑いたくなるような具材たちですね。





まずはスープからいただいてみると、少しの豚骨臭が感じられる醤油豚骨スープで、後口に砂糖かなと思われる甘さが残るタイプです。

表層には厚めにラードの膜。





麺は黄色い中細四角麺で、茹で加減は固めです。



これは可もなし不可もなしかな。





豚モモ肉のチャーシューは、食べると甘さが強め。

スープの甘さと共通しているように感じたので、元ダレはチャーシューの漬けダレかなと推察いたしました。







後半に差し掛かると、甘さが舌に蓄積されてきて、食べ進めるのが億劫に(苦笑)。

これはいかんと思い、卓上の胡椒を多めに投入したものの、あまり変化はなく、麦茶片手に何とか完食しました。





僕が甘さ(特に砂糖)があまり得意ではないので、こういう書き方になりましたけど、気にならない方にとっては素晴らしいコストパフォーマンスではないでしょうか。

ごちそうさまでした!!

(2015.10)

※これを書き終わって5年前の記事を読んでみると、甘さへの言及がないこと以外は、ほぼ同じ感想でした。まさかの進歩なしなのか(苦笑)。と言うか、チャーシューあんなに甘かったっけ?



■ひよこの訪問記
ひよこ(2010.5)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック