2015年11月12日 (木) | Edit |
中国新聞の紙面広告に、「三瀧荘」と並んで『ふっかん』というお店のことが掲載されていました。

何だか響きがいいなと思いまして、その名前は長く記憶に留まることに。





そんなある日。

友人のブログでこの店の記事を読むと、とても良い評価で、訪問意欲を駆り立てられまして。

まあ、彼がそこまで書くなら間違いないだろうと思い、予約を入れた上で、お昼に訪問。





お店の場所は、高陽町のメインのバス通り沿い。

高速道路の高架を抜けた先にあるガストが目印になると思います。









中に入ると、店員さんがお出迎え。

靴を脱ぎ室内に上がり、掘りごたつの席に案内されました。



内装は、天然木と思われる床に土壁で構成。

ちょっとオシャレな日本料理店という印象です。





お昼のメニューは、季節の箱膳とコースの2種類。

予約時に箱膳をお願いしておきましたので、着席してお茶で一服した直後の良いタイミングで出てきました。





蓋がされた二段重ねの黒いお重をばらすと、中には少量多種の鮮やかな料理たちが。



見るからに旨そうではありませんか~





こちらは飛竜頭でして、さつま揚げと絹さやが添えられています。



さつま揚げは揚げたて熱々で、噛むとじゅんと出汁がほとばしるほど。

飛竜頭には、季節感のある銀杏入り。

切れの良い甘さと出汁感たっぷりのツユもかなりの旨さです。





揚げ物は、太刀魚。



口解けの良い身質に、わずかなクセ。

軽く利かせた塩が良いアクセントです。





マグロの刺身。



ねっとりとしたマグロは、食べると特有の酸味があって、なかなかの旨さ。

刺身醤油も旨くて、流石に抜かりがありません。





炊き合わせは、○○の玉手箱や~(古い?)と言いたくなる程の素晴らしさ。



薄味ですけど旨味しっかりの出汁を含んで、どれを食べても旨いんです。

自宅で炊き合わせを作ろうと思ったら結構手間掛かりますので、外で旨い炊き合わせに出会ったら嬉しくなるんですよね。





酒肴の盛り合わせとでも言いたくなる、一品物の盛り合わせ。



白い四角は山芋、赤い四角はいちぢく。

それぞれを葛で固めた一品です。

栗やサツマイモは風味豊かできちんと甘く、卵焼きは出汁巻きと言って良い出汁感。

真ん中にある柿のようなものは、鶉の卵。

遊び心もあって、良いですね。





ご飯は鯛の炊き込みご飯。



米は旨いし、味付けも薄いけれども旨いです。

そして、添えられている糠漬けの旨いこと。

このご飯と漬物があったら、いくらでも食べられるなぁ。





ちょっと濃い目の赤だし。







最後にデザートとドリンクが登場です。



デザートは、柚シャーベットと芋羊羹。

ドリンクはフルーツジュースなどもあったようですが、デザートとの相性考えるとコーヒーがいいでしょうね。





以上で、1,600円。

もう1,000円高くてもおかしくない内容で、大満足でした。





ぜひ夜も行ってみたいので、お酒が飲めない親戚にドライバーお願いしてみようかなぁ(笑)。

ごちそうさまでした!!!!

(2015.10)



■お店のデータ
ふっかん
広島市安佐北区落合南2-1-18
0828411188
11:00~14:30
17:00~23:00
定休日:月曜日

■ふっかんの訪問記
ふっかん2(2015.10)
ふっかん3(2016.4)
ふっかん4(2016.11)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
ふっかんの箱膳、まじで良いでしょ!?
昼からこれで日本酒飲みたくなりませんでした?(笑)
2015/11/14(Sat) 23:13 | URL  | hiroさん #-[ 編集]
hiroさんへ
箱膳良かったですよ!

酒が飲めないのが残念(笑

期間を空けずに夜も行きましたけど、昼の方がパフォーマンスいいように感じました。

ま、あの箱膳と比べるからそう思うんであって、もちろん美味かったですけどね。
2015/11/15(Sun) 08:25 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック