白目をきれいに
2015年11月06日 (金) | Edit |
22時少し前。

社内の飲み会が終わって、そのまま帰るには少し早い時間です。

もう1件軽く行ってみようかと思い、あてもなく、流川から薬研掘方面へ。





この界隈にはランチタイムに来ることが多くなり、夜はご無沙汰です。

とりあえず、気になる路地をうろうろ徘徊してみることに。

風俗街にも平気で足を踏み入れましたので、それ目当てと勘違いされたような気もしますが、ま、気にしない気にしない(笑)。





残念ながらそんなに大きな収穫もなく、気付けば弥生町に到着。

そいや、気になりつつも未訪の店があったよねと思い向かったのが、西平塚町にある居酒屋『直ちゃん本店』です。



こちらは、西平塚町の南端部、稲荷町に渡る橋の手前で営業されている古いお店です。





開け放たれた入口から中に入ると、実にレトロな空間がお出迎え。





お色気系の壁掛けカレンダーやこの手のお店にお似合いな赤いカウンターも雰囲気ありますねぇ。







冷蔵庫にぶら下がっている手書きのメニューを見て、タンやセンマイを注文しようと思ったところ、量が多いことが判明。

タンは厚めのが3枚。

センマイは一人で食べきれないほどの盛り。

好物をスルーするのは残念ですけど、2軒目ですし、中華そばも食べたいですし(苦笑)。





とりあえずのおでん。



大振りなダイコンと卵を。

箸で切ると少し抵抗感のある大根は、しっかりと味が染みてなかなかの旨さ。

味付けは少し甘めです。

卵もまずまず。





量が少なめの料理をお聞きすると、串が良いのではと言われたので、ずりと皮を2本ずつお願いしてみました。

串が焼ける匂いをあてにして、銘柄不明の日本酒をグイッと。

雰囲気で酒が飲める店ですね、ここ。







出て来た串は、ずりのシャリシャリッとした食感に皮の焦げの苦味、強めのあじ塩がB級感あって良いですねぇ。





今宵の〆の中華そば。



大きな丼に並々と入ったスープは、油膜厚めの茶濁系です。

こんもり盛られた青ねぎ、バラのロールチャーシュも旨そう。





早速スープをいただいてみると、胡椒がガツンと効いて後口ほの甘いテイスト。

色とは印象が違うスープです。





麺は細身でやや固め。



先にご紹介したバラチャーシューは厚みがあり、3枚と言うナイスボリューム。



これ、単品であれば頼んでみたいなぁ。





草津の「みや」と『直ちゃん』。

店の雰囲気は対照的でしたが、どちらも好きだなぁ。

次は1軒目から行ってみなきゃ。

ごちそうさまでした!!

(2015.9)



■お店のデータ
直ちゃん本店
広島市中区西平塚町3-6
0822440958
17:30~翌2:00
※日は~23:00
定休日:月・火


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
よかったです
大変入りにくかったですが、ブログにも出てたしと…思い切って入って正解でした。ホルモン炒めにおでんに串焼に中華そばどれも美味しかったです。しかもお勘定もリーズナブルでびっくりでした。是非また行きたいです。
2015/11/14(Sat) 20:48 | URL  | 大人女子二人 #-[ 編集]
大人女子二人さんへ
コメントありがとうございます。

直ちゃんは入りにくいですけど、入ってしまえばいいパラダイスですね(笑

僕も1軒目からガッツリと行ってみようと思います!

ホルモンも楽しみたいですね〜
2015/11/14(Sat) 21:48 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック