白目をきれいに
2015年10月22日 (木) | Edit |
ランチで良い印象を受けましたので、夜に再訪。

肉眼ではそうでもないんですけど、写真だとブルーライトが怪しいですね(笑)。







コースもありますが、今回はアラカルトで。

まずは、トルコビールのエフェスという銘柄からスタートです。



炭酸軽く、味は薄め。

日本酒で言うところの吟醸香っぽい香りがしたのが印象に残りました。





前菜6種の盛り合わせ。



レモンを中心に据え、放射状にニンジンと水菜を配置。

それらの間に5種類のペーストとラタトゥイユっぽい料理が盛り付けられています。

手前の赤いのから時計回りに、トマト・チキン・ヒヨコ豆・ラタトゥイユ・アボカド・ほうれん草だったでしょうか。

※現地での呼び名は下の写真で確認を。






この中では、ほうれん草やトマトが特に良かったです。

素材自体の味が濃いことと、酸味やハーブが効いていて、独特な味わいを楽しめました。





揚げ野菜のトマト・ヨーグルトソース。



これ、この日一番です。

揚げた野菜は何てことありませんが、ヨーグルトがとても旨いんです。

乳っぽさがなく、甘味もなし。

かと言って、日本で売っているプレーンヨーグルトとは全くの別物。

強めの酸味と下支えしている旨味は、発酵の賜物なんでしょうか。

すっきりと旨いヨーグルトでした。





トルコのワインを注文。



名前で選んだチャンカヤという白ワインは、適度にフルーティで、ごくごく飲めるゴキゲンなワイン。

お店の方も、トルコでも人気の飲みやすいワインだと言われてました。





焼きチーズのサラダ。



両面焼いたチーズがたっぷりと乗ったサラダで、チーズの多さに驚きました(笑)。

ドレッシングはマヨネーズ系で、酸味抑え目の少し甘めな味。

もっさりとした食感で塩気が強いチーズですが、素朴に旨いです。

野菜は、キュウリ・ニンジン・サニーレタスなど。





海老のガーリックオイル煮です。



プリッとした海老はほんのりレア。

いわゆるアヒージョなんでしょうけど、自家製パンのエキメッキが相性良く、1つランクを上げてくれます。



このパンも穏やかに旨いなぁ。





ラストはシシケバブ。



コロッとした肉はラムでして、これがとても良い香りです。

噛み締めがいのあるラムは、噛めばじゅわっとジュースが感じられ、塩コショウと正体不明のスパイスでなかなかの旨さ。

付け合せにご飯がついてきましたけど、食べた感じピラフっぽい料理でした。





もう一杯お酒をと言うことで、ラクというトルコの蒸留酒を。



ブドウとアニスの蒸留酒らしく、ミントっぽいすっきり感とウイキョウの強い香りが特徴的。

好き嫌いがはっきりと分かれそうなフレーバーでした。





一通り食べてみての感想ですが、トルコ料理って酸味を上手に使っている印象です。

トマトやヨーグルト、酢を単独または組み合わせて使い、スパイスでエキゾチックな感じに。

不自然な調味も感じません。

塩気が強いイタリア料理よりも、穏やかに旨いトルコ料理のほうが体に優しい感じもします。

まだの方は、是非ランチから試してみてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした!!!

(2015.9)



■カルシャカの訪問記
カルシャカ(2014.5)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック