白目をきれいに
2015年09月30日 (水) | Edit |
広島の歓楽街「薬研掘」で昼間から営業しているお食事処『南星』。

前から宿題にしていたんですけど、ようやく行くことができました。

お店の場所は、猪料理の「深山」や中国料理の「団欒亭~(未訪)」の並び。



なかなか渋い佇まいですねぇ。





中に入ってまず驚いたのは、天井の高さ。

通常の1.5倍程度の天井高は、昭和レトロの空間に必要なのか否か(笑)。





さて、目線に話を戻しますと、4人掛けのテーブルが8卓ほど並べられていて、おかずの入った冷蔵庫2台とその奥には厨房が配置されています。







お店の切り盛りは、現役バリバリでお元気なご婦人お二人と厨房に若い?男性がお一人でしょうか。

この手のお店にありがちな閉鎖的な雰囲気はなく、僕のような一見も温かく迎えてくれました。





メニューは、うどんや丼物数種が掲示されていますが、今回は一杯めし屋的な使い方をさせていただく事に。





ご飯の中と味噌汁を注文し、冷蔵庫からはおかずを2品ほど温めてもらいました。







おかずには、赤魚の煮付けと菜っ葉のたいたんを選択。





赤魚はしつこくない程度に甘辛く、菜っ葉(小松菜)は油揚げと共にいりこ出汁で炊いて、少し塩気を立たせた仕上がり具合。

どちらもご飯のお供には良い具合です。

味噌汁は濃い目かな。





ご飯に付いてきたキュウリの糠漬け。

これがなかなか旨くて、ぬかの香りがぷわんと立ち、少し酸味があるタイプです



できれば酒のアテにしたいけど、お酒の提供はないみたい(苦笑)。





お代は650円。

中央通界隈にチェーン系の定食屋がありますが、少し足を延ばしてでも『南星』で食べるほうが幸せを感じると思います(笑)。

お昼時間内に往復できそうな方は、ぜひ!

ごちそうさまでした!!!

(2015.8)

※短冊メニューの最初に「舌代」って書いてあって、食事代の事かと思ったら、品書きの初めに書く言葉の事でした。客に示す挨拶や口上という意味合いなんだそうです。知らんかった~



■お店のデータ
南星
広島市中区薬研掘3-15
0822413466
10:30~19:30
定休日:日祝?


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。







関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック