白目をきれいに
2015年09月03日 (木) | Edit |
※閉店確認済。



いつのまにやら「天天」が営業をやめ、その後に別の中国料理店が。

そんな情報を聞き確認に行ったところ、『味中香(みちゅうか)』というお店がオープンしておりました。



目を引く「刀削麺」の文字とラーメンの幟旗。

決してラヲタではないんですけど、何だか気になるんですよねぇ(笑)。





店内は既視感のあるレイアウトでして、いわゆる居抜きでの入居のようです。





お昼に頼めそうな品はこちら。





麺類メニューを撮り忘れましたが、刀削麺がノーマル・焼き・担担・麻婆というラインナップで、焼飯とのセット物もありました。

丼と焼飯は単品ですかね。

定食は14種類。

こちらはご飯・スープ・サラダなどが食べ放題なんだそうです。





僕が注文したのは、担担刀削麺の単品。

さてさて、どんな感じでしょうか。





と、そこへ店員さんから「サラダとかお好きに取ってください」とのアナウンスが。

え?

取って良いの?

どれでも良いの?

と確認念押しした上でカウンターに向かってみると、サラダや漬物などがズラリと並んでいて、好きなだけといわれても何だか申し訳ない気持ちに。



メニューのどこにも取って良いと書いてなかったので、開店直後のサービスかなと思い甘えることにして、サラダとチャーハンを取ってきました。







取り放題のカウンターにチャーハンがあり、しかも麻婆豆腐まであるなんてサービス精神旺盛すぎ。

チャーハンセット売れんぞ、これじゃ(笑)。

ちなみに、お味の方は、どちらもまずまずでした。





待望の担担刀削麺の登場です。



分厚く赤い油の層が観音の「金蘭」を思い出させるなぁ。

具材は、ひき肉・青ねぎ・青梗菜。





まずはスープをいただいてみると、熱々の油にマスキングされてベースの味がよく分かりません(苦笑)。

油を拭き散らかして飲んでみると、淡い味わいのスープで醤油が強めかなという印象でした。





麺は厚さも長さも不ぞろいな刀削麺。



うどんのようなニュアンスの麺でして、これはこれで面白いかなと。

そして、すごく慎重に食べ進めたんですけど、不ぞろいすぎて暴れまくり、白いシャツにいくつもの赤いポイントが付く羽目に。

なかなか手ごわいですなぁ(苦笑)。





満足度は決して高くないんですが、なぜかもう一回言ってみようかなと思わせてくれました。

次回は定食かな。

ごちそうさまでした!!

(2015.7)



■お店のデータ
味中香
広島市中区富士見町16-18
電話番号・営業時間・定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック