2015年08月20日 (木) | Edit |
広島にも、少しずつ鶏白湯ラーメンのお店が増えてきました。

広島市の「歩いていこう」が先鞭をつけ、呉市安浦の「一村」、三原市『なんきち』、呉市中央「いつか」と有力店がオープン。

豚骨系や鶏がら醤油、味噌だけではなく、色々なカテゴリーのラーメンが出てくるのって、食べ手からすると嬉しいですよね~





さて、今回訪れた『なんきち』ですが、先に挙げた4店の中で唯一の未訪店。

福山でのお泊りに行く途中に、これはチャンスと思い、訪問を遂げたわけです。





お店があるのは、三原市街地の南に位置する宗郷町。

宮沖を抜け沼田川を渡り右に折れた辺りですが、詳しい場所はお店のデータ欄にあるリンクからご覧いただければと思います。







横に長い暖簾が印象的な外観。

駐車場は、店の前と隣地に複数台用意されています。





中に入ると、調理場を囲むL型カウンターが用意されていて、席数は10程度。



子供用のイスや待ち客用のソファが用意されている辺り、スペースの問題もある中で素敵な取り組みだなと感じました。

お店の切り盛りは男女2名で。男性は黙々と調理を、女性が接客と配膳、最後の盛り付けなどを担当されています。





メニューです。



2種類のラーメンに餃子が基本メニューで、この日は広島風つけ鶏そばという限定メニューも。

僕たちは鶏そばと白濁鶏そばを注文し、いつものように二人でシェアすることにしました。





まずは鶏そばから。



透明度の高い醤油ラーメンでして、表面には油が散っています。

具材は、鶏の胸肉とモモ肉のチャーシューに、きくらげや青梗菜、ネギという布陣。





スープからは、ふわっと鶏の香り、卵の香り、甘いニュアンスが感じられます。

実際に飲んでみると、すっきりタイプの鶏がら醤油スープでして、後口には塩気が。

この時点では甘さは感じませんが、冷めてくると少し顔を出してきますね。





卵の香りは、麺から移ったものと推察。







インパクト少な目&綺麗めのスープでして、表面の油はもっと少なくても良いかなと感じました。





続いては、白濁鶏そば(鶏白湯)。



とても分かりやすい鶏の旨味が良いですね。

店名は忘れましたが、以前博多で食べた、とても旨い水炊きのスープにも似ているかなと。

惹きが強いのは白濁のほうでしょう。

鶏の旨味と塩分で、ご飯に合いそうだなと思います。





蒸し餃子。



プリッとじゅわっと、美味しくいただきました。





食べ比べてみるとそれぞれの店で違いがあって面白いものです。

好みの順を書くと、「一村」「いつか」「歩いていこう」「なんきち」でしょうか。





いずれもレベルの高い名店ぞろい。

ラーメン好きな方には、一度は訪れていただきたいものです。

ごちそうさまでした!!!

(2015.7)



■お店のデータ
なんきち
三原市宗郷町1-4-11
電話番号:未確認
11:30~14:00
17:30~21:00
定休日:木曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック