2015年07月24日 (金) | Edit |
6月10日。

ついに、広島での小いわし漁が解禁されました。

刺身に天ぷら、オイルサーディンなど、これからしばらくは我が家の食卓を賑わせてくれます。





さて、解禁された翌週のこと。

鮮度のいい小いわしを求めて、呉の栄町商店街にある「渡辺鮮魚店」に行ってきました。

店頭に無造作に置かれた小いわしは、目を疑うほどの盛りの良さでひと山300円!

思わずふた山600円で購入し、帰ってから数えてみると、何と130匹もいまして(苦笑)。



下処理するだけで腰が痛くなってしまいましたが、旨い小いわしを堪能できました。






※我が家はティースプーンでさばきます。


※オイルサーディン。


※フリット。





さて、小いわしの買出し前に腹ごなしをと思い立ち寄ったのが、呉市中央にあるラーメン店『いつか』。

ラーメン好きの友人達からもいい評判を聞いており、以前より訪問を希望していたお店なんです。





店の場所は、JR呉駅と呉市役所の中間くらい。

呉市文化ホールの裏辺りで、四川飯店がすぐ近くにある立地です。



駐車場は近隣のコインパーキングを利用すると良いと思います。





中に入ると、鶏由来のいい香りが漂っていて、なかなか期待を持たせてくれますねぇ。





客席は、テーブル2卓に8席と壁に向かったカウンター席の2種。

お店の切り盛りは、ご店主と思われる男性お一人で、と思いきや、11時30分には女性も加わり2名体制となりました。





メニューです。





メインのラーメンは大きく分けて2種類あって、塩の鶏そばと醤油の鰹鶏そば。

この他には、麺大盛り・ご飯物・ドリンクといったラインナップです。






妻と二人で訪れましたので、僕は鰹鶏そばを。

妻は鶏そばで。





出てくるまでの間、店内を見渡しますと、ラーメンの原材料が展示されていることに気づきました。

ハナマンテンと書かれた小麦粉の袋。

塩、醤油。

乾物各種。

店主の趣味の品を展示するよりは、こういった見せ方のほうが、良さそうなお店である事が何となくですが伝わってきますね。





さて、注文から少し時間が掛かって鰹鶏そばの登場です。



白い丼に映える、2色のスープ面。

具材には、ネギ、糸唐辛子、玉ねぎ、チャーシュー2種。





色の薄い部分のスープをいただいてみますと、とろりとした舌触りにキンと効いた鰹、醤油ダレの効きも良く、なかなか食べ応えのある雰囲気が感じられます。

続いて色が濃いほうのスープを飲んでみると、色の違いはニンニクのフレーバーが感じられる香味油によるものでして、これも食べ応えをプラスしてくれます。





麺は、芯を残しながらも、ちょっと柔らかめの茹で加減。



もう少しパツッとした茹で加減かとイメージしていましたが、まったりとした鶏白湯に柔らかめの麺が寄り添うようで、なかなかいい相性かなと感じました。

具材では、チャーシューが面白くて、赤いほうが豚でハムっぽく、白いのは鶏胸肉でしっとり旨かったです。





妻が頼んだ鶏そば。



こちらは穏やかに旨い鶏白湯でして、味付けが物足りないけれども何度でも食べたくなるタイプ。

鰹鶏よりも癖になるのは、こちらではないでしょうか。





広島市内では「歩いていこう」というお店が鶏白湯で知られていますが、そこよりもソフト路線(味付けも麺も)。

接客も丁寧ですし、こういうお店が出来るのはとても嬉しいですね。





しばらくしてから、また行ってみたいなぁ。

ごちそうさまでした!!!

(2015.6)

※メニューの裏書がとても丁寧で好感をもてました。特に、ブラックペッパーのミルの使い方のくだり部分です。



■お店のデータ
いつか
呉市中央2-4-18
0823277825
11~15時
定休日:火曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
こいわし大好き!
処理してあって刺身で売ってるより、私もこんな買い方です。数は数えた事はありませんが いつも2ざる(パック)ですよね~。同じく 四角形のスプーンでやっちゃいます。
私は残った頭や骨やらが何時も勿体なく思い、今夏はそれらを天ぷらで揚げ 粗塩でたべたら…
食べて2度美味しい!!は当にこれだ! もう 嵌まりました。

「いつか」のラーメン屋の近くに「粉こから」(ここから)ってパン屋があります。


だから どうした?(^-^;
2015/07/24(Fri) 15:51 | URL  | カーラー #-[ 編集]
「いつか」、食べログでも好評価で気にはなっていました。たしかにチャーシューというより見た目良質なハムですね。ラーメンも期待できそう。「一村」とか化学調味料無しは物足りなさを感じることが多いですが、染み入るものがある気が。

最近本醸造や上撰の一升瓶をもらったので飲んでいたのですが、普段純米ばかり飲んでいると非純米は食前に飲むとやはりアル添と分かりますね。。
ちなみに昨日、「常山」の純米吟醸・無濾過生を飲んだのですが、甘すぎず好みの味でした。
2015/07/25(Sat) 02:01 | URL  | ジジ #-[ 編集]
カーラーさんへ
小いわしの頭と骨ですか〜

いつも捨ててました(苦笑)

来月辺りにアンチョビ仕込む予定なので、揚げてみます〜
2015/07/25(Sat) 12:44 | URL  | oomin #-[ 編集]
ジジさんへ
課長さん効いてないと一味足りないなと思うことありますね。

僕は否定派ではないので、旨ければ、と思いますけどねぇ。

アル添て、添加してるアルコールに味はないはずなのに、雰囲気感じますよね。

食前だとなおのこと。
2015/07/25(Sat) 12:48 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック