2015年07月21日 (火) | Edit |
以前から宿題にしていた喫茶店『紫苑』。

ようやく行くことが出来ました。

お店の場所は、ラーメン「寿楽亭」近く、電車通りの南、焼鳥の「雀(未訪)」の向かい側です。









ここはいつからあるんだろう。

そんなことを思いながら、透明ガラスの扉を押して中に入ってみました。





店内は、今まで訪れた喫茶店と比べると圧倒的に広く、下手なファミレスよりも広いのではないでしょうか。

設えはやや古い向きもありますが、植栽や水槽が空間に潤いを与えています。











ラミネートされていますけど、なかなか趣のあるメニュー。



メニュー数はとても多く、ランチ・麺類・魚・鶏・ビフテキ・豚・ご飯物・軽食・ドリンクなどを網羅しており、100種類は超えているのではないでしょうか。





思わず「ほ~」と思ったのは、ビフテキの焼き方について。



一般的には、レア・ミディアムですが、こちらではレイヤ・ミヂャムと言うそうです。

そして「給仕人に御注文ください」の文言。

これは、「うちは、喫茶店ではなくレストランですよ」というお店の矜持を現すものと考えるのは大げさでしょうか。





注文したのは、サービスランチ700円で、メインはトンカツとのこと。

注文から5分待たずに登場です。



ご飯・味噌汁・メイン・小鉢・漬物・お茶という内容で、見た感じ700円ならまずまずといった印象。





まずは味噌汁に手を付けてみると、麦味噌仕立てのライトな味噌汁で、具材は豆腐とワカメ。

ご飯は炊き加減適切です。





メインのトンカツ。



両端は甘めの脂身。

それ以外はしっとり揚げられており、なかなか旨いロースカツだと感じました。

そしてこの肉なら、ソースではなく塩で食べても旨いだろうと思います。





ソースは、カレーのテクスチャも感じさせるデミグラスでして、ちょっともっちゃり感強め。

敷かれているサラダとポテサラはまずまずな印象です。





小鉢は、大根とじゃこの酢の物。



定番的な酢の物の味にじゃこの風味が加わって、これはなかなか。





瓜と大根の糠漬けも丁度いい漬かり具合。







店頭で見かけたカレーの写真が旨そうだったので、次の機会には食べてみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2015.6)



■お店のデータ
紫苑
広島市中区十日市町1-3-3
0822312370
10~22時
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック