2015年07月13日 (月) | Edit |
先日、金屋町界隈を探索中に見つけた『音カフェりんりん』。

実は、「ミサ」よりも先に、こちらのお店に行こうかと思ったんですが、ランチの営業時間を過ぎてしまい断念。

その代わりに、「ミサ」で旨い日替りが食べられたので、結果オーライでした。





さてこの日は、満を持して『音カフェりんりん』へ。



お店の場所は、大衆演劇の清水劇場の裏辺り。

隣には「一辰」という中国料理店があります。





店頭に置かれているメニューです。



お昼はカレーのみの提供で、大盛・サラダ・コーヒー・ハンバーグなどが追加料金で注文可能。

ベースのカレーは、500円という安さ!

カラオケスナックでのランチは、中区中島町の「カラオケスナックF」以来、2軒目ですが、さてさて、どんなカレーが出てくるでしょうか。





中に入ると、間口狭く奥に長い形状で、客席のメインはカウンターに9席ほど。

最奥にはテーブルが1卓あるようです。



ギターやカラオケ用のマイクなど、本業の備品がある中、入口付近には湯煎で保温されているカレー鍋を見つける事が出来ます。





お店の切り盛りは、男女2名で。

主に立ち回るのはママさんと思われる女性。

接客業らしく、明るくにこやかで、気の効かせ方もバッチリです。





注文したカレーは1分程での登場。



直径20センチほどのフライパンは、お茶碗1杯強のライスと具材がごろっと入ったカレーで満たされています。





早速いただいてみると、とろみ少な目のさらりとしたカレーでして、辛さはピリリと。

家庭的な造りで、なかなか旨いカレーだと思います。

具材は、大き目のジャガイモ・ニンジンとトロトロの牛肉。

噛む必要のないほど柔らかく煮込まれた肉は、量は多くはないですが、ワンコインには似合いません。





カレーが足りない場合には追加が可能(料金未確認)ですし、+200円で頼めるハンバーグはママさんの手製との事。

+100円の大盛りは、メロン型(中国料理店のランチプレートで出てくるナッツ型)でライスを盛るそうです。





飽きが来ないカレーで、しかもワンコイン。

なかなか魅力的ではないでしょうか。

お近くでお勤めの方には、特にお勧めしたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2015.6)



■お店のデータ
音カフェりんりん
広島市南区的場町2-1-9
0822637886
11:30~13:00
19:00~24:00
定休日:日曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック