白目をきれいに
2015年06月16日 (火) | Edit |
自宅近くに、オシャレなカフェがオープンしました。

「古江」という文字に由来したお店の名前は、プラスロシェ。



なかなか面白いアイデアですね。





夜はお酒が飲めると聞きましたので、ご近所ですし、ちょいと行ってみましょうということで。





お店の場所は、広電古江駅(宮島口方面行きの乗降駅)から歩いて2分位のところ。

先日ご紹介した「野菜ちょくちょく」よりも、もっと地味な立地です。







店内は白が基調の明るい空間。

客席は、カウンター・テーブル・座敷が揃っていまして、僕たちはカウンターに陣取ることに。

ジグソーパズルのようなタイルがカワイイですね(笑)。







お店の切り盛りは、男性お一人で。

ご夫婦でされていると聞きましたが、朝7時から営業されているので、お二人で手分けしているのかもしれません。





夜の情報がネットに少ないようですので、メニュー写真を多めに掲載しておきます。









面白いなと思ったのは、それぞれのメニューに「1人前」と「2~3人前」があること。

量が選べるのは、おひとり様のご利用者だけでなく、僕たちのような二人での利用でも、とても重宝します。





まずは、つき出し3品。



鶏胸肉の煮物・パスタサラダ・漬物。

煮物は、あっさり仕立てですがわさびを利かせていて、なかなか面白い一品。

パスタサラダは、和風パスタの冷製風って感じです。

キュウリ・なす・ニンジンの漬物は、軽く漬かっていて、できれば日本酒とあわせたい一品でした。





サラダ。


※1人前?

ちりめんじゃこと山芋の梅サラダでして、これもさっぱりと旨い。





魚介のマリネはガラス瓶での登場です。


※2~3人前?



甘酸っぱくて、定番的なマリネ。

イカをメインとし、タコ・貝柱・サーモン・マグロが使われています。





鶏の炙りネギまみれ。


※2~3人前。

これはまずまず。





日本酒のメニューです。



これを見ただけで仕入先が分かる人は、なかなかの人(笑)。

これらは、オリジナルラベルを多く扱う「リカーフーズC&D」のお酒でして、

出発=梅田酒造場(本州一など)
男前=上杉酒造(八重の露など)
一歩から=中尾醸造(誠鏡など)
すきかも=比婆美人酒造(比婆美人など)

でしょうか。





土居杜氏が旭鳳に移った後の本州一は飲んでいなかったので、出発を注文。



ワイングラスで提供されたお酒は、以前の華やかな輪郭が残っていますが、少しトーンダウンしている印象。

造りは大きく変えていないようですので、トーンダウンの原因は開栓からの経過時間でしょうか。





山芋のグラタン。



出汁を加えたと思われる山芋すりおろしとスライスした山芋の2種類が使われていて、これはなかなか旨いです。

もっと熱々だったら言うことありません。





豆乳フォンデュ。



どんな感じかねぇと思い注文してみましたが、これはなかなかの旨さ。





中身は、豆乳にチーズを溶かしたもの。



これが良い塩梅で旨かったです。





具材はさいころ状にカットしたパンと生麩。



生麩はフォンデュでは初めてでしたが、癖がないのともっちり食感で、面白くも旨い一品でした。





黒糖焼酎の龍宮をロックで。



一度飲んでみたかった焼酎でしたが、口当たりまろやかで、すいすい飲める危険なお酒。

一升瓶で欲しいけど、飲みすぎちゃうだろうなぁ。

買うのは止めとくかぁ(笑)。





〆に山芋のチヂミ。



こちらも、ざく切り山芋とすりおろしの競演。

本体はもっちり。

さっぱりとする梅ダレが良かったです。





料理はまずまずで、お値段は街中で飲むことを考えたらお安め。

わざわざ遠くからというお店ではないかもしれませんが、電車で2駅程度の距離なら、嬉しいお店だと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2015.5)



■お店のデータ
プラスロシェ
広島市西区古江新町9-8
0822730456
7時~16時
18時~
※土曜日は夜営業のみ
定休日:日・祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック