白目をきれいに
2015年06月11日 (木) | Edit |
※平成28年12月閉店確認済。

ユアーズ高須店の近く。

居酒屋の『野菜ちょくちょく』は、カレーの「香利菜」が退店した後にオープンしたお店です。







聞いたところによると、野菜と日本酒がオススメのお店との事。

早速訪問してみましたが、野菜料理をつまみに日本酒を飲めるお店で、僕はちょっと気に入ってしまいました。





メニューです。



肉・魚・ご飯物もいくつかありますが、メインは野菜料理。

「単品料理はじめました」と表記がありましたので、元々はコース1本だったのかもしれませんね。







ドリンクメニューの内、日本酒の部分を撮影しておきました。





仕入れは石川さんとこでしょうか。





とりあえずは生ビール。







お通しの小鉢3種。



右下はトマトの酢漬け。

ちょうど良い出汁酢に、刻んだしそがアクセントで、さっぱりと旨いです。

左下は原木しいたけの揚げ浸し。

肉厚のしいたけをしっかり目の浸し地でいただく料理です。

上の小鉢はマッシュポテト。

バターの香りがぷわんと立ち、具材には海老。

これ、器が温められていて、その配慮にちょっと感心してしまいました。





新ごぼうの胡麻酢和え。



しゃきしゃきコリコリの牛蒡に、汁気多めの胡麻酢。

酢の利かせ方が僕にはぴったりなのと、牛蒡の食感が楽しい一品でした。





お酒は、末廣の壷中春。







ここに合わせたのが、だし香る冷菜盛り合わせ。

自家製マヨネーズが添えられています。



人参・トマト・ブロッコリー・アスパラ・かぼちゃ・山芋・さや豆・ズッキーニが一皿に(物によっては複数)盛り付けられていて、見た目にもキレイ!

薄味なんですが出汁が旨く、これは十分な酒のアテになります。

お野菜はそれぞれに適切な硬さに調理されていて、とても良いですよ、この一品。

ちなみに、マヨネーズは油っぽさが少なく、旨い出汁に卵のコクが加わる感じ。

これは、あってもなくてもかな。







ふと、お野菜から浮気したくなって、マグロのユッケを。



甘辛タレに漬け込まれた赤身と海苔、青ねぎ、旨み濃い卵黄。

面白いなと思ったのは、生の春菊が使われている事。

苦味は強くなく、独特の風味がいいアクセントになっていました。





英勲を飲みたいなと思い、里芋のから揚げを追加。



外はさっくり、中はほっこりの里芋。

下味はなし。

ねっとり感のある蕗味噌もきちんと旨く、満足の内容でした。





ご覧の通り、野菜がメインのお店ですので、肉や油脂が無いと満足できない方には無縁のお店でしょう。

僕は幸いな事にどちらでもいけますし、むしろ野菜を多く摂るようになってきたので、このお店の存在はうれしい限りです。





あ、そうそう。

お店の切り盛りは若い男女がお二人で。

接客がぎこちない時もありましたが、ご愛嬌と言うことで(笑)。





今度は妻を連れて行ってみようと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2015.5)



■お店のデータ
野菜ちょくちょく
広島市西区庚午北2-20-13
09087173826
17~23時
※金~日は、15時~
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック