白目をきれいに
2015年05月29日 (金) | Edit |
山口遠征の後にちょっとした飲み会が予定されていましたので、そこ用に面白いのがないかなと思い調べてみました。

条件は2つ。

1.山口のお酒

2.広島では純米しか見かけない蔵の本醸造や上撰





あそこの上撰とかがあったらネタとして良いだろうなと調べ始めましたら、即発見(笑)。

それを買い求めるために宇部市にある『松原酒店』を訪れました。







お店の場所は、宇部市役所近く。

店の周りは住宅街っぽかったので郊外なのかなと思っていましたが、以前泊まったANACROWNの近くでして、いわゆる中心部に位置しているようです。





中に入ると、一升瓶がズラッと展示されていて、いわゆる銘酒と呼ばれる銘柄を多く取り扱っている事が分かりました。







銘柄は、東一・國権・出羽桜・風が吹く・篠峯・作・会津中将などなど。





山口のお酒は、中島屋・雁木・東洋美人・貴・わかむすめ・長門峡・長陽福娘・五橋辺りを扱っていたように記憶しております。







今回のお目当てはこちら。



馥(ふく)というお酒でして、実はこれ「貴」の「永山本家酒造場」の特別本醸造なんです。

お店の方の話では、この酒は「松原酒店」オリジナル商品で、しかも今後はアル添は造らないそうなので、これで最後かもという事でした。

ある意味レア物に当たったのかもしれません。





詳しい味の感想は別の記事に譲りますが、基本ライト路線なお酒でして、飲みごたえはありませんが嫌いな人も少ないだろうなという感じでした。

(2015.4)



■お店のデータ
松原酒店
山口県宇部市東本町1-9-15
0836211216
9~19時
定休日:日曜日


その他の日本酒に関する記事はこちらからご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
この特別本醸造のパッケージ渋いですね。
「貴」は外れがないイメージ。
あと「作」が置いてあるのも珍しい。
2015/05/30(Sat) 13:53 | URL  | ジジ #-[ 編集]
ジジさんへ
このラベル、永山本家酒造場を書いたものらしいです。

作は、こっちにはないので珍しいですよね。

でも、そのうち大和屋辺りが入れてきそうですが
2015/05/31(Sun) 11:38 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック