2015年05月28日 (木) | Edit |
福魚食堂」での朝食後は、キャナルシティをぶらぶらと。

目当てのブランドショップ(BREE)が有るはずが、何と撤退されているみたい。。。

キャナルシティのホームページは掲載されていたんですけどねぇ(苦笑)。





今使っているヌメ皮のサイフがぼろぼろでして、新しいのをそろそろと思ったんですが、そのブランド以外ではなかなか良いのが見つかりません。


※流石にアウト?

ウェブショップから買おうかなぁ。





さて、福岡市を離れて向かった先は、北九州市。

ここに『マルケン』というラーメン店がありまして。

このブログの最後の一行が決め手で訪問を決めたんですが、これがなかなか良いお店だったんですよ。







赤い暖簾をくぐり引戸を開けて中に入ると、「いらは~い!」という挨拶でお出迎え。

初っ端からずっこけそうな挨拶ですが、個人的には嫌いではありません(笑)。





客席スペースは、老舗らしくすすけた赤いカウンターに緑の床。



それとは対照的に、厨房のステンレスや換気扇の羽はピカピカ。

木造の古いラーメン店ですが、店内は綺麗に維持されてらっしゃいました。





大将と女性(娘さん?)2名の合計3名で切り盛りされてらっしゃいまして、みなさん明るくて声が大きいですねぇ。





メニューは、ラーメン・ご飯・餃子というカテゴリーだったでしょうか。

驚くのはその値段。





ラーメン400円。

ワンタンメン500円。

餃子は10個で400円。





安くないですか(笑)?





僕が頼んだのは、ワンタンメン。



骨粉が入ってるのかなと思わせる色合いのスープに、小さな脂が浮遊していて、表面には少しの油膜。

ワンタン以外の具材は、もやし・ねぎ・チャーシューというシンプルさ。

いわゆる博多のトンコツラーメンとは違うタイプですかね。





早速スープをいただいてみますと、こってり系でもあっさり系でもなく、しかししっかりと旨いスープ。

少しとろみが感じられたり、ほんのりと甘さを感じたり、なかなか旨いスープです。





麺は博多豚骨をイメージすると、少し太め。



具材ではもも肉のチャーシューがしっとりと旨く、製作過程での温度管理もきちんとされているんだと思います。





ワンタンはつるっとした皮で、少し厚め。



ひき肉の食感を残しつつ生姜を利かせた作りでした。





餃子。



ワンタンよりも皮は薄く、あんの舌触りは滑らかな感じ。





前客が帰る時の事ですが、「ありがとうございました」が「あじゃじゃじゃじゃー」ですし、お会計の単位は万円(笑)。

「はい、400万円です!」って、「西三代」以外では初めて聞いたかも(笑)。





良いお店でした。

北九州にお立ち寄りの際は、是非。

ごちそうさまでした!!!

(2015.4)



■お店のデータ
マルケン
福岡県北九州市若松区宮丸1-4-3
0937714977
11~19時
定休日:月曜日、第1・3・5日曜日
駐車場はお店の周辺に5台程度あり


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。











関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック