白目をきれいに
2015年04月17日 (金) | Edit |
廿日市にある業務用スーパーには、鮮魚の箱売りコーナーがありまして。

いわゆるトロ箱的な箱に魚がたくさん入って、一箱いくらな売り方をされています。

初回訪問時には、小さなメバルがたくさん入って400円を切るものや、中~小サイズのコチ数匹が900円で売られていて、なかなか魅力的に映りました。



この時は献立の関係で購入を見送りましたが、今回は香草と一緒にグリルで焼こうと思い、再訪。

すると、箱売りコーナーには竹輪や干し海老が売られていて、お魚さんの姿が見えません。。。

あれぇ~(苦笑)。



これは困ったなぁと思い鮮魚コーナーを隈なく見渡すと、見た事のない名前のお魚さんを発見。



ち・び・き?

見た目は、金目鯛をしゅっとした感じの赤い魚。

頭だけではなくヒレ周りの可食部も付いていましたので、カマ焼きにでもしてみようかと思い購入してみました。



ついでに、あさりも購入。

バター焼きや酒蒸で、一杯やろうかなと。



自宅に帰ってちびきについて調べてみました。

詳しくはこちら↓
http://www.zukan-bouz.com/suzuki3/hatibiki/hatibiki.html

なかなか旨いとのコメントもあり、期待が膨らみますねぇ。



この夜の献立がイタリアンでしたので、ちびきを焼いて野菜・アサリと併せてアクアパッツア風に仕上げる事にして、作業開始です。



ちびきのカマは塩を振って水分を出し、軽く洗った後にローズマリーとタイム(乾燥粉末の安いの)を両面に振っておきます。

オーブンのグリル機能で、両面焼き30分。



その間に、多めのオリーブオイルでじゃがいもスライスと玉ねぎに火を通し、一旦フライパンから出します。

ちびきの身もフライパンで火を通しておきましょう。





カマが焼きあがったらフライパンに移し、火を通した身と野菜、ミニトマト、塩抜きしたアサリ、白ワイン75mlを入れて、蓋をして蒸します。

あさりの口が開いて1分ほど蒸したら出来上がり!

大皿にざっくり盛り付けて、水菜を散らすと完成です~





実際に食べてみると、ちびき自体は赤身のニュアンスがありますが、鮪とも鰹とも違う独特のコクがあって、なかなかの旨さ。

一切塩を使いませんでしたが、あさりの塩分と旨味が全体に行き渡っているので塩梅はバッチリです。



我ながら、なかなか上手に出来たなぁ。





ちびきで一番旨かったのは、目の周りのゼラチン。

トロトロで何とも言えない強いコク。

あぁ、書いていると思い出して、よだれが溜まります(笑)。



材料費は850円位掛かりましたが、休みの日のメインと思えば安いもの。

当然、お酒が進むのでありました(笑)。




その他のお家ごはん記事はこちらからご覧いただけます。




所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック