白目をきれいに
2015年05月06日 (水) | Edit |
お好み焼き「山本」の跡に出店した、中国料理の『リトルホンコン』に行って来ました。

お店の場所は、ヴェスタ庚午店近く。

まだ古さを見せない一戸建ての1階にお店を構えてらっしゃいます。





入口の開き戸を開けて中に入ると、もう一枚薄めの引き戸が。

それを開けると厨房と客席のある空間がお出迎えです。



「山本」の時代に鉄板席だった辺りにカウンター席が設けられ、通路挟んで4人用のテーブル席が連なっています。

お店の切り盛りは男女3名でしょうか。



メニューです。



ランチは、日替りと定番4種に加えて、牛肉麺が数量限定で。



僕は日替りのキャベツと唐辛子炒めを注文し、同行した妻は牛肉麺を注文してみました。



12時前の入店でしたが、前客3組8名がいて、後客も3組7名。

店内は丁度良い賑わいだったように思います。



日替りは、メインの炒め物にご飯・スープ・サラダ・小鉢・漬物・デザートと言う内容でして、ご飯とサラダがお替り可能で626円(580円の消費税)は悪くなさそうな印象です。





メインのキャベツ炒め。



キャベツの芯の部分が多めで、種を抜いた唐辛子と一緒にごま油で炒めてあります。

肉が入っていないので食べ応えはありませんが、おかず力はなかなかのもの。

奥の小鉢は、ゆでたジャガイモの細切りを塩で味付けし、ごま油と和えた料理。

夜メニューに中華ポテトというのが載っていましたが、これがそうなのかなぁ。



スープは薄味の中華スープにとろみを付けたタイプ。

熱々が長く続くのが良いですね。



奥のサラダはキャベツの千切り中心で、和風な醤油ドレッシングでした。



おかわりを取るブースはこんな感じ。



ご飯とサラダをおかわりして満腹になりました(笑)。



妻が頼んだ牛肉麺。



スープは出汁感も味付けも薄く、それゆえに表面に浮く油とクミンのようなカレーっぽい香りが少し障る感じの仕上がりに。

お店の方が特製ラー油を追加してくださって少し食べやすくなりましたが、更に卓上の醤油や酢を入れると、もう少し食べやすくなりました。

麺はうどんのようなニュアンスがあって、つるりとしたタイプ。

中華麺ぽくないのが面白いです。



追加した餃子はきちんと旨く、これは納得の出来栄え。





牛肉麺のスープは?でしたが、それ以外の味付けはまずまず。

近所にある「安記」よりも面白そうでして、ちょいと他の料理も食べてみたいところです。

ごちそうさまでした!!

(2015.4)


■お店のデータ
リトルホンコン
広島市西区庚午南1-33-10
電話番号・営業時間:未確認
定休日:月曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
えっ!「山本」なくなったんですか?!
こちらで拝見し 伺ったのですが、丁寧な焼き方でまた食べたいと思ってたんですがねぇ〜
何気に 中華(台湾)に喰われていきますね〜(泣)
2015/05/07(Thu) 20:29 | URL  | カーラー #-[ 編集]
カーラーさんへ
そーなんですよ。「山本」閉めてしまったんですよ。。。

好きなお好み焼き店だったんですけどねぇ。

2015/05/08(Fri) 07:58 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック