白目をきれいに
2015年04月30日 (木) | Edit |
※2015.10閉店確認

FBで知った『SEN-NO-SEN』の開店情報。

よく見てみると、「獨樂」の店舗で営業するようでして。

これは面白いことになりましたねぇ。



オープンは3月23日。



すぐにでも行ってみたいんですが、担当業務が落ち着くまでは事務所外でお昼を食べる時間が取れません。



そしてオープンから数日が経った頃、ようやくの訪問する事が出来ました。





店内はいつもの「獨樂」ですが、麺をゆでる機械と麺の箱が(笑)。



浅草開華楼と言えば、「麻辣商人」を思い出しますねぇ。。。



メニューです。



筆頭は醤油ラーメンで、釜揚げ中華なんて言うメニューもあります。

脇を固めるのは、ご飯物と食前緑と言うドリンク。



ここで注文したのは、精醤油麺(いわゆる醤油ラーメン)と和牛コウネご飯です。



出てくるまでの間、店内を見渡すと、スタッフの多さに驚かされます。

厨房には4~5人、ホールも3人くらいいたでしょうか。

お昼の二時間だけ営業するラーメン店にしては人員過多かなと思っていたら、多くは「獨樂」の仕込みの方らしく、ホッとするやら納得するやら(笑)。



待望のラーメンの登場です。



卵に乗った柚子胡椒と鰹節を好みの量だけ追加する「追い鰹」は好みでとの説明を受け、丼に向かいます。



やや澄んだスープで、立ち上がる香りは鯛。

具材は、シンプルながら色の良いネギ・メンマ・卵・チャーシューです。



さて、早速スープをいただいてみますと、香り同様に鯛がふんわり効いていて、ほの甘さや後口の塩気など幾つかの表情を見せる印象。

綺麗に旨いスープですねぇ。



麺は、プリつるの軽い縮れ麺で、なかなかの旨さ。





具材のネギは大振りに切られていますが、辛くないですし、薄味のメンマもコリコリで良し。

薄味のチャーシューは、素材の風味が強くてしっかりと旨かったです。



追い鰹は一つまみくらいでは効きが悪かったらしく、大きな変化は感じられず。

もっと入れたら良かったかなぁ(笑)。

柚子胡椒は、個人的には味を変えるアイテムとして面白く感じました。



和牛コウネご飯。



品よく旨い牛丼ですな(笑)。



驚きは少ないラーメンですが、その旨さは流石です。

次回は釜上げ中華かな。

ごちそうさまでした!!!

(2015.3)


■お店のデータ
SEN-NO-SEN
広島市中区中町6-30
11:30~13:30
電話番号・定休日:未確認


■SEN-NO-SENの訪問記
SEN-NO-SEN2(2015.5)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック