2015年04月29日 (水) | Edit |
この日は珍しく、上安でお仕事。

アストラムラインで安東まで行き、一仕事終えたのは14時頃だったでしょうか。

お昼を食べずに仕事を終わらせた僕は、安東駅に向かってテクテク歩くことに。

その道中、実にそそられる外観のお店を発見してしまいました。





お店の名前は『ムッシュやぶ木』。

店頭にメニューが掲示されていて、ここに書かれている文字が雰囲気あって面白そうでしょ?



この時間だと個人店のランチタイムは終了している事が多いんですが、この辺りには滅多に来られないので、ダメ元で突撃!



大きな透明ガラスがはめ込まれた木製引戸を開けて中に入り、まだ良いですか?と問うと、大丈夫との事。

ホッと安心してランチを注文し中を見渡すと、琺瑯看板やランプが多数飾られていて、さながら骨董品店のような感じを受けます。





少し雑然とした印象を受けますし、この手のお店ではご店主が個性的なことも多いですが、僕個人的には全く問題ありませんでした。



お店の切り盛りは男性がお一人でされていて、この方がおそらく「ムッシュ」で「やぶ木」さんなんだろうと思います。



これ食べながら待ってて下さいと出していただいたのは、野菜とホタルイカのサラダ。



ホタルイカが入っているのは珍しくて、この時点でちょっとワクワク(笑)。

サラダは、大根・刻んだトマト・子が詰まったホタルイカ、水菜、玉ねぎ、貝割れで構成され、白いドレッシングが掛けられています。

実際に食べてみると、酸味のあるさっぱりとしたマヨドレでして、なかなか旨いのではないでしょうか。



少し時間が空いて登場したのは、おかずが数種類乗ったプレートとご飯、みそ汁。





ご飯は見た目赤いですが、これは古代米をお使いなんでしょうか。

そして盛りが良く、おかわりも可能との事。





さて、肝心のおかずですが、奥がロールキャベツでその手前は大根の酢漬け。

ロールキャベツは柔らかく煮込まれていて、軽いデミソースが僕には好印象。

大根は酢漬けと書きましたが、どちらかと言うとマリネサラダっぽい仕上がり。

酸味も心地よく、口を変えるにはピッタリです。





手前はさやいんげんの魚ロールフライ、奥はカンパチの刺身で、その下には冷奴が。

フライを一口齧ると、中からじゅわっと汁が溢れ、揚げたて熱々でなかなかの旨さ。

これに使われているのは白身でしょうが、魚種は不明です。

刺身は3切れですが、厚切りでカンパチの味を堪能できます。



もう一つ小さな鉢があって、そこには甘さを抑えた肉じゃがが。



みそ汁は、角切り大根と玉ねぎスライスで野菜多め。

総じて味自体は濃くないんですが、ご飯がもりもり進み、満腹です。



デザート。



グレープフルーツと思われる果肉の下には、バニラアイス、スポンジケーキが敷かれていて、底にはコーンフレークが。



どの料理も格別ではありませんが、手数が掛けられていますし、何よりこれだけの種類と量で900円ですから、街中ではできない素晴らしい内容のランチではないでしょうか。

近所にあれば、いや遠くても、是非とも夜に行ってみたいお店です。



店に出会えた嬉しさと、このお店にピンと来た僕のアンテナの感度の良さを自画自賛しながら、この日は業務に戻ったのでした(笑)。

ごちそうさまでした!!!

(2015.3)

※今年で開店から23年て言われてたかなぁ。


■お店のデータ
ムッシュやぶ木
広島市安佐南区上安1-1-8
0828787558
12~15時
18~21時
定休日:日・祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック