白目をきれいに
2015年03月30日 (月) | Edit |
ある男性の誕生日を、なぜか本人と僕の二人で『こつぶ』で祝う事に(苦笑)。

男二人きりの誕生パーティーか~(笑)。



つき出しは、穴子を油揚げで巻いた料理。



調べてみると信太巻きって言うんですね。

油揚げからは、ほんのり味が付いた出汁がじゅわっと。

穴子はあまり感じませんでしたが、なかなか品良い一品でした。



この日のおススメ。



魚と野菜のメニューが多く、年齢的には嬉しいラインナップでございまして(苦笑)。



刺身の盛り合わせ。



この日は、さより・鰆・小いわし・穴子・ブリの5種で、さよりのプリッと感と穴子の甘さが印象に残りました。



春らしく、菜の花と蕗のぬた。



酢味噌の具合が、甘すぎず、酸い過ぎず、丁度良いです。



ここに合わせたのは、五橋の立春朝搾り。



賀茂泉と比べると、華やかな吟醸香に厚みのあるボディが感じられます。



カマスの塩焼き。



ふかふかで旨い!



大ニシ貝のつぼ焼き。



身が厚くてこれも旨い!



二人の話は、仕事の事からいつの間にやら酒・つまみの話へ。

話を肴に、美和桜の直汲みから神雷のうすにごりへ駆け足で進みます。







この日一番は、ブリの中落ち。



ふかふかのほわほわで、脂の乗りも適度です。

先に食べたカマスと共に、久し振りに旨い焼き魚を食べる事が出来ました~。



宝剣の生には、



アジフライを。



やや小振りですが、下味の塩を利かせた旨いフライです。



まだまだ飲みます(笑)。



瑞冠の燗上がり。



華鳩の貴醸酒。



旭鳳。



振り返ってみると、五橋以外は全て広島の酒でしたね。



つぶ貝ポン酢や春野菜のマリネをアテに、無事完飲。







結構飲みましたが、二日酔いになる事もなく、良い酒だったと思います。



あ、そうそう。前回訪問ではお酒の値段が高いなと感じましたが、今回は5酌で500円くらいだったかな?

これなら何度か通っても良いかもと思えるお値段。

また行きましょう。

ごちそうさまでした!!!

(2015.2)


■こつぶの訪問記
こつぶ(2014.1)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック