2015年02月09日 (月) | Edit |
※紙屋町に移転

昨年12月に、我馬各店による創作ラーメンコンテストがあったんだそうです。

その名も「G-1グランプリ」。

味噌をテーマに行われたコンテストでは、9種類の味噌ラーメンが食べ比べられ、その優勝作が、広店による「黒辛(コクカラ)胡麻みそ担々麺」だったようです。





このラーメンが各店で食べられると聞いたものですから、勤め先最寄にある『麺屋台我馬』で食べてきました。



思わず「おぉ」と感嘆してしまう色合い。

白い丼が映えますね。

黒胡麻による黒い輪、具材の緑やオレンジ、蟹の甲羅のようなラー油と味噌の赤。そして中央に鎮座する真っ赤な辛みそ。




さてさて、どんな感じなんでしょうか。



まずはレンゲをザブッと沈めてスープを一口。

すると、表面の油膜にもなっているラー油の辛さが、舌で感じる前に喉を直撃します。

そこまでの強い辛さではないんですが、熱々なので辛さはアップ。

一応、ご注意下さい(笑)。

そして、辛さの直後に、黒胡麻の香りと胡麻みそのコクがドドンと押し寄せる感じ。



麺は、つるつるプリプリで太目の縮れ麺。



スープとの絡みが良く、ほんのりと甘さを感じるのも良いですね。



具材の半熟煮卵は甘辛い味付け。

この中では口の中を変える良い存在になっています。



半分ほど食べたところで、別皿の山椒味噌を全て投入。



すると、山椒特有の痺れを伴うようになりますが、これも適度なレベルに抑えてあります。



食べ終えた感想としては、やりすぎ感のない、旨い汁あり担々麺という印象。

僕のように「梵天丸の梵天麺」派の人には、刺激が足らずに物足りないでしょうが、ちょい辛好きな方にとっては十分満足の良く内容だと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2015.1)


■麺屋台我馬の訪問記
麺屋台我馬(2010.6)
麺屋台我馬2(2012.4)
麺屋台我馬3(2012.7)
麺屋台我馬4(2012.11)
麺屋台我馬5(2013.7)
麺屋台我馬6(2013.7)
麺屋台我馬7(2013.10)
麺屋台我馬8(2014.1)
麺屋台我馬9(2014.5)
麺屋台我馬10(2014.8)
麺屋台我馬11(2014.10)
麺屋台我馬13(2015.4)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック