白目をきれいに
2015年02月05日 (木) | Edit |
当たり前の事ですが、広島にあるお好み焼き店のほとんどは、広島版のお好み焼きを提供するお店。

関西版のお店はちらほら見かける程度で、お好み焼きの1カテゴリーであるもんじゃ焼きに至っては、「食べられるお店ってあったっけ?」位の認識でしょうか。



広島人には縁遠いもんじゃ焼きですが、自宅徒歩圏内に食べさせてくれるお店が出来たと聞き、お昼に行ってみる事に。



店の場所は庚午三叉路近く、中国料理の「安記庚午店」の裏で、名前は『こてじゅう』と言います。



店内は奥に広く、客席は全て鉄板付きのテーブル席。





昼のメニューです。





お好み焼き2種ともんじゃ焼きがメインで、お得なランチセットの告知も記載されています。



僕はお好み焼きの肉玉そばを、同行した妻はチーズ明太もんじゃを注文。



まずはもんじゃ焼きが出てきましたが、イマイチ作り方がわからない二人(苦笑)。

店員さんに教えてもらおうと声を掛けたところ、何と作って下さる事に。



生地と具材が入ったボウルから具材だけを鉄板に出し、大きなコテでカンコンカンコンと具材を刻みながら混ぜていきます。

ある程度細かくなったところで、円形の土手を作り、その中に生地を流し込みます。





ふつふつと湧いてきたら具材と生地を混ぜ、まぁるく平たく整形。



周囲が焦げ始めたら、専用の小さなコテで食べ始めます。



ちょっと自分でやってみたかったなぁと思いつつも、手際を見る事が出来たのでそれはそれで面白かったです。


※焼き方のマニュアルはあります。



僕が頼んだ肉玉そばが来ました。



「おっ?」と思わせるビジュアルで、何だか可愛らしいドーム型での登場。



実際に食べてみると、ふんわりと焼いた卵・魚粉とガーリックパウダー強めの味わい・嵩高いゆえの食べにくさの3点が特徴で、なかなか旨い一枚だと思いました。

難点は、税込800円を超える価格。

さすがに高いなぁ(苦笑)。



夜は鉄板焼や一品物があるようですし、久し振りに関西版も食べてみたいし、自宅からトコトコ歩いて行ってみようかなぁ。

ごちそうさまでした!!

(2014.12)


■お店のデータ
こてじゅう
広島市西区庚午中4-5-19
0822745215
11:30~15:00
17:00~24:00
定休日:無休(年末年始は数日休みあり)


■こてじゅうの訪問記
こてじゅう2(2015.1)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック