2015年01月31日 (土) | Edit |
さて、3軒目に伺ったのは、「エキニシ」から中心部に移転された『いこい』です。

お店の場所は、「春帆楼」の斜め向かいにあるビルの5階。

角にあるポプラが良い目印になると思います。





エレベーターで5階まで上がり、下りたすぐの所にお店の入口が。



これは入りにくい(苦笑)。



せっかく来たので、意を決してエイヤと中に入ってみましょう~



木が四方に周ったガラス扉の収納。

軽く弧を描くカウンター。

そしてカラオケマイク。

これは、スタンドそのものですな(笑)。







とりあえず生ビールをお願いし、つき出しのカレーを食べ進めます。



ごろっとジャガイモの入ったカレーは、素朴で家庭的。

「そうそう、こんなテイストだったよね」と当時を思い出していると、どうしてここに来たのかと聞かれ、前の店に行っていた事と知人から移転したことを聞いた事をお伝えすると大層お喜びの様子。

どうやら僕と同じパターンでの来店が多いみたいです。



「エキニシ」の今昔についてや移転の理由など色々とお聞きしたところで、揚げたたこ焼を出していただきました。



味ポンに一味で食べるんですが、これがなかなかの旨さ。

このたこ焼き既製品なんですが、一手間加えると旨くなるんですねぇ。



定食もやってらっしゃるようでして、お値段は800円との事。

ですが、さすがに定食は入りません(苦笑)。

「とんかつもありますよ」と教えていただいたので、懐かしくなり注文してみました。

「肉がグレードアップしとるんよ」とは、ご店主の談。



当時のような厚みはありませんし、少し揚げ過ぎですが、その面影は感じる事が出来る一枚でした。



後客2名が来店され、にわかに盛り上がってきたところで、「飲んでみる?」と出されたお酒が凄かったです。



アルコール度数96度のウォッカで、調べてみるとスピリタスと言うんだそうです。

口に含んだ瞬間、アルコールの刺激が広がり、息を吸ってしまうと確実にむせてしまう雰囲気。

で、分かっちゃいるのにむせてしまいました(苦笑)。





さて、既にお気付きの方もいるでしょう。

このお店の移転前の名前は、「ひっぱりだこ」と言います。


多くの予備校生から愛されたお店で、約2年ほど前に中心部への移転&店名変更。

正直なところ、やっていけるのかなぁと勝手な心配をしておりましたが、それは全くの杞憂だったようです。



ふとした時に、また立ち寄ってみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2014.12)


■お店のデータ
いこい
広島市中区胡町2-6
電話番号:未確認
18~0時程度
※早仕舞いの日もあり
定休日:なし?


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック