2015年01月26日 (月) | Edit |
戦後から続く「宇品ショッピングセンター(通称:いちば)」の北端、電車通りに面したところにある『がんね本店』。

何度か前を通りかかった事があり気になっていましたので、うどん欲がムクムクと湧いてきた日を狙って訪れてみました。





中に入ると正方形の机が2卓あって、椅子は7脚。

カウンター席などはありませんので、お昼時は相席前提と考えたほうが良いでしょう。



メニューです。



うどんメインで、蕎麦はかけのみ。ご飯物はむすびのみのシンプルな構成。

「海と畑のつけうどん」という気になるメニューがありましたが、ここは惑わず、天ぷらうどん&ちりめんむすびを注文してみました。



注文から提供までは5分以上経ってから。

キッチンタイマーの電子音が鳴るまでに時間を要していましたので、麺茹で時間が長いということなのかもしれません。





でてきた天ぷらうどんは、ツユの表面が具材で覆われており、うどんが見えないほど。

その大部分は小エビを使った丸い天ぷらで、どん兵衛のように後乗せサクサクタイプではなく、しっかりとツユに浸してふやふやでの提供です。

その他は、とろろ昆布・青ねぎ・油揚げ・玉ねぎ。

この中では玉ねぎが珍しいですね。

同行した妻の肉うどんには入っていませんでしたので、どれにも入れているわけではなさそうです。



ツユは香り高く、実際に飲んでみると出汁感強めのなかなか旨いツユです。



少し天ぷらを片付けてから、うどんに着手。



広島市内で食べられる一般的なうどんと比べると、細身のうどんです。

呉の細うどん位でしょうか。

実際に食べてみると、表面つるつるのうどんで少しコシのある印象。

江田島市(旧能美町)の是長にある製麺所の乾麺を使っているような話を聞きました。



お店の名前やうどんの細さ、細切りの油揚げを使う辺り、呉方面との関係がありそう。

ま、単なる想像に過ぎませんが。



おむすびは、具材にちりめんの佃煮、海苔は味付けではない海苔でほんのり温かい結びたてのおむすびです。



これは嬉しいなぁ。



最近流行の讃岐うどんとは異なり、呉の面影を感じさせながらも、広島市内で生まれ育った人には馴染みやすいうどんではないでしょうか。

きちんとしたうどんを出されるお店ですので、機会があれば訪れてみて下さい。

ごちそうさまでした!!!

(2014.12)


■お店のデータ
がんね本店
広島市南区宇品神田5-19-20
0822563052
10~15時
17~21時
定休日:未確認


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック