白目をきれいに
2014年12月22日 (月) | Edit |
ある日の15時頃。

道でばったりと『萩』のご店主と出会い、2~3分程積もる話を。

※僕が痩せていたので、一瞬「あんただれ?」みたいな顔をされましたが(苦笑)。



話している最中に「そういえば今年まだ行ってないなぁ」と思い出したものですから、某新聞社の夕刊に掲載する写真を撮るという口実を作って妻と訪れてきました。





今回訪れた『萩』は、自分で串を揚げて食べるスタイルのお店としては、広島でも老舗の部類。

過去に2度記事にした事があるんですが、いずれもざっくりとした紹介記事でしたので、今回はメインの串に寄って記事を書いてみようと思います。



まず最初に、竹の器に盛られた串が登場。



これらを上から順に揚げていきます。



沢蟹。



何だかカワイイですねぇ(笑)。

軽く揚げて、ポン酢でいただきました。



雲丹のしそ巻きと海老。



海老がプリプリで旨い!



山芋海苔巻きと貝柱。



貝柱は半生がおススメです。



蛸とめんたい。



めんたいって普段食べませんが、ホッコリ揚がってなかなか旨いです。



銀杏とひれ肉。



旨味のあるひれ肉。いつも追加してしまいます(笑)。



れんこんとにんにくの芽。



この辺りは塩で食べるのが良いですね。



穴子の表と裏。



香りよくプリッとした穴子。これもおススメです。



さよりとなす。



刺身用のサヨリですので半生でもOK。



しいたけとウインナー。



ウインナーは初めてかなぁ。

仕入れによってネタが少し変わります。



コーンとささみ。



上手に揚げると、ささみがしっとり旨いんです。



撮り忘れのウズラの卵やしし唐を経由して、デザート串へ。



パイナップル・バナナ・饅頭・一口アイスの4種類で終了。

※饅頭が梅坪の吾平饅頭ってことは、今回初めて知ったなぁ。


※揚げた饅頭。



〆に小さめのむすびを食べましたが、本〆は次のお店で(笑)。

ごちそうさまでした!!!

(2014.11)


■萩の訪問記
萩(2011.11)
萩2(2013.5)
萩4(2016.12)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック