白目をきれいに
2014年12月08日 (月) | Edit |
突然ですが、連休初日に手作り餃子(皮もあんも)にチャレンジ!

でしたが、皮が厚く、焼餃子で食べるには皮の主張が強すぎました(苦笑)。



まだまだ練習が必要のようです。。。



さて、連休2日目。

この日は倉敷のアウトレットパークと美観地区の「平翠軒」目指して、片道2時間半ほどのドライブです。



昼食は倉敷市内のラーメン店「莢(さや)」で、と思っていたところ、現地到着するも定休日。

どうやら定休日を勘違いしていたみたいです。。。



次なるお店のあてはなかったんですが、倉敷に旨いベトコンラーメンがあると聞いた記憶があり、調べたところ今回訪れた『新京』がヒット!

我ながら、ナイスな記憶力だ(笑)。



車を飛ばしてお店に着いてみると、12時になっていないのに駐車場は満車。

店内にも多くの待ち客がいるとの事でしたが、急ぐ旅でもありませんので、ゆっくり待つことにしました。



お店の場所は、美観地区から車で15分ほど離れた帯高という町です。



県道沿いにある、虹のような模様が書かれた3階建てがお店。

目立つのですぐに分かると思います。





駐車場で待つこと30分ほどで、ようやく店内へ。





客席は、コの字カウンターに15~6席ほどでしょうか。

カウンターのすぐ後ろにはお客が待つための長イスがあって、狭い中で、食べる客も待つ客も身を寄せ合っているような感じです。







メニューです。



僕と同時刻にいたお客は全員、赤枠内のベトコンラーメンまたは国士無双(五目ベトコン)を注文。

さすがはベトコンラーメンが有名なお店ですねぇ。



味は味噌と醤油があるようですが、人気は五分五分の様子。

この他にも湯麺や中華飯など中国料理店らしいメニューもありましたが、注文する人は0(笑)。

鶏やゲソの唐揚げ(これが巨大!)を注文する人も半分位はいたでしょうか。



長椅子の先頭(一番奥)の人が席に座ると、待っている人は奥に詰めるのがお店の作法。

そして席が空いたからと言って勝手に座るのではなく、お店の方の指示があって初めて座ることが出来ます。

あちこちで食べ歩きをしていると時折見かけるルールですので、事前情報0ではありましたが、戸惑うことはありませんでした。



席に座る様に促され3分ほど待つと、注文した国士無双の登場です。



普通サイズの丼に、炒めた野菜が山盛り。

そして、その頂には揚げニンニクが4つ鎮座しています。





まずはニンニクをスープに下ろして、野菜の山に取り掛かることに。

山の内容は、太もやし・キャベツ・白菜・ニラ・豚肉・メンマ・ニンニクスライス。

鷹の爪と一味でピリ辛仕立てになった野菜の山は、油っぽさは少なく、案外とざくざく食べ進めることが出来ます。



3割ほど食べたところで、ようやくスープを一口。

ぴりりと辛い醤油スープで、ベースは鶏と豚骨との事。

油脂が多くないのが良いですね。



もう少し野菜を減らして、麺を引き出してみました。



細くスクエアな形状の麺は軽く縮れていまして、これはもう、麺と言うよりも具材の一つといった風情ですな(笑)。



途中でお腹が苦しくなりましたが、限界手前で無事完食。

油脂が少ないことが完食できた要因の一つでしょう。



食べ終えて思ったんですが、このスープと脂プルプルのホルモンを合わせたら、抜群に旨いと思うんです。

限定メニューでやってくれたら、それ目当てに倉敷に行くのに(笑)。



ところで、ベトコンラーメンとは何ぞや?

「ベストコンディションから来ている」という説や「ベトナム戦争から」という説など、諸説あるようですが、スタミナ満点のラーメンである事は間違いありません。



ところで、友人の話では、国士無双はスープが薄いんだそうです。

次回があれば、ノーマルのベトコン食べてみなきゃいけませんね。

ごちそうさまでした!!!

(2014.11)


■お店のデータ
新京
岡山県倉敷市帯高507-2
0864283577
11:30~14:00
17:00~21:00
定休日:火曜日・第3水曜日



その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。












関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック