白目をきれいに
2014年12月03日 (水) | Edit |
佐伯区役所前にある『ねこまたぎ』は、西方面にある居酒屋の中ではかなりのお気に入り。

安くて旨いのはもちろんですが、ご店主の料理に対する真摯な姿勢がとても好感を持てるポイントです。

って、ちょっと褒めすぎでしょうか(笑)?



さて、そんな『ねこまたぎ』にはイベントで訪れることが多かったんですが、今回は通常営業を楽しみたいと思い、平日夜に訪問してみました。





一時はオーダーバイキングのみとなっていたようですが、最近になってホワイトボードメニューが復活。



決まった料理ばかり作るのは面白くない、とはご店主の弁。

そうじゃなくっちゃねと嬉しくなり、この日はついつい食べ過ぎてしまいました(苦笑)。



カンパチのユッケ。



甘辛いタレで和えたカンパチに、ねっとり濃い目の卵黄を絡めて食べると、これがなかなか旨いではありませんか。



続いては生ハム。



丸い形の生ハムは、まあこんな感じよねと思いましたが、添えられているポテサラが旨いんです。

塩気と粒マスタードと、良い塩梅に作られています。

我が家ではこれを真似して、マヨなしで作ってみましたら、なかなか上手く出来ました。



しらさ海老の刺身。



海老がグレーなので見た目の華やかさはありませんが、ねっとり甘くて、これもなかなか。



さんまの肝焼。



肝を使ったタレでさんまを焼いたのかと思いきや、カンパチを焼いたと聞いた記憶が。

これはさんまで出していただきたかったなぁ。



さっぱりとした鶏肝しょうが煮・鰹の皮身塩焼きも旨かった。







ここまでの料理は、一品380円。

コストパフォーマンス良いなぁ。



ここからは、ホワイトボード右半分の料理で、650~800円です。



豚タンにんにく焼は、豚タンスライスににんにくダレと言う組み合わせで、ビールにピッタリ。





地ダコのガーリックオイル炒め。





味付けは強め。

パンでオイルをすくって食べるのがオススメ!



マツタケの卵とじ。



カナダ産の松茸と言われていましたが、香りは強いです。

それに絡んだとろとろの卵も良い感じ。



パスタはボロネーゼで。



ボロネーゼといってもいわゆるミートソースっぽくなく、ビーフシチューっぽい感じだったそうです。

※あまり記憶に残っておらず。



まだ食べてます(笑)。

グランドメニュー掲載の料理たちで、お値段は380円?



きのこのかき揚げ。



しめじやエリンギに加え、海老も使われたかき揚げです。

サクサク食感で出来上がりの軽さが特徴でしょう。

油が良いんだと思います。



レンコンの天ぷら。



ほっこりと甘いレンコンで、これも旨いなぁ。



鶏の唐揚げ。

上はスパイス味、下はしょうゆ味です。





かりっと揚げられたモモ肉の唐揚げで、スパイス味はピリ辛仕立てのカレースパイスが、しょうゆ味は醤油が掛けられています。

どちらもきちんと旨いから揚げでした。



お酒の方は、生ビールから日本酒に移行し、菊姫のにごりや広島では珍しい大典白菊(岡山県)をいただきました。





今夜も美味しかったなぁ。

ごちそうさまでした!!!

(2014.10)


■ねこまたぎ佐伯区役所前店の訪問記
ねこまたぎ佐伯区役所前店(2010.7)
ねこまたぎ佐伯区役所前店2(2010.10)
ねこまたぎ佐伯区役所前店3(2012.1)
ねこまたぎ佐伯区役所前店4(2012.8)
ねこまたぎ佐伯区役所前店5(2013.6)
ねこまたぎ佐伯区役所前店6(2013.10)
ねこまたぎ佐伯区役所前店7(2013.12)
ねこまたぎ佐伯区役所前店9(2015.4)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。











関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック