白目をきれいに
2014年12月02日 (火) | Edit |
ほぼ1ヶ月振りの連休。

ここ最近は満足に料理を作っていなかったので、午後を使っておでんを仕込むことにしました。

買い物の前に何箇所か行きたいところを訪れたんですが、その中の一つが広島大学医学部の売店。



実は、このようなものが販売されていまして(笑)。



三次の酒蔵:美和桜と広島大学の共同研究によりできた日本酒で、その名を「安芸みどり」と言います。

梨から分離した乳酸菌を添加して、とありますので、「富久長HYBRID」的なお酒なのかもしれません。

4合瓶で2,160円はちと高いんですが、良いネタにもなるので買ってみました。



さて広大に訪れる前に腹ごなしで訪れてみたのが、段原中央交差点の角にある『寿司とみ』です。







店の入口にお昼のメニューが掲示されていました。



握りが3種類(並・並の大盛・上)とチラシ寿司というシンプルなメニュー構成。



ガラガラッと引戸を開けて中に入ってみると、10席程あるカウンター席が目の前に迫っていて、右手奥には座敷もあるみたいです。

※お昼はカウンターのみ、かな?

12時少し前に入った時点では、先客3名。後客は続々とやってきて、何度かお客を断るほどの人気振りでした。



注文したのは、握りの大盛。



出てくるまでの間店内を見渡してみると、両替商の札や、



湯呑みとお猪口、



写真はありませんが、日本刀の鍔や根付なども飾られていました。

なかなか素敵な品々ですなぁ。



寿司の前に出されたのは、熱いお茶と煮物。



大根・人参・揚げのさらりと甘い煮物です。

出汁も良く効いていて、これはさりげなく旨い一品。

この後に期待してしまいますねぇ。



注文から5分少々で握りが出てきました。



握り9貫に細巻き2つと言う内容で、一見してなかなか良さそうなネタである事が分かります。

この日の内容は、サーモン炙り・イカ・えび・穴子・カンパチ・赤身・タコ・さんま・たまご、細巻は山芋&梅。



全体的にわさびの効きが強く、脳天に刺激が突き抜けそうになる程の辛さ。

それを熱々のみそ汁で流し込むのが、オツな食べ方のように感じました。


※大き目の油揚げも旨い!



ネタと比べると、シャリは嵩が高く多め。



鷹野橋の「三喜寿司」でもシャリの大きな握りを食べましたが、これはお昼だからお腹一杯になってねという意図と理解すれば良いのかなと考えています。



最後に細巻きの酸味で口直しして、完食。

きちんと旨い握りで、機会を作って夜にも訪れてみたいと思わせてくれました。

ごちそうさまでした!!!

(2014.10)

※車で訪れる際には、店の駐車場に停めると良いと思います。




■お店のデータ
寿司とみ
広島市南区段原2-14-11
0822617969
営業時間:未確認も昼夜営業あり
定休日:水曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。











関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック