白目をきれいに
2014年10月27日 (月) | Edit |
何が悪かったのか、この日は朝から胃が重く、お昼は少なめ&油脂控えめを決定。

そんなコンディションの時に行ってみようと思い、あえて未訪にしていたお店があります。



茶寮『法善寺』。

本通商店街の1本北側で、天ぷらの「荒谷」の斜め前にあるお店です。







どのくらい前からあるのかは知らないんですが、何となく老舗っぽい佇まい。

こちらでは、京風うどん御膳というランチをいただく事が出来るみたいで、それを目当てに訪れた訳です。







中に入ると木製のローテーブルが6つ配置されていて、その奥にはレジと厨房が。



店内には鰹の香りが充満していて、これはちょっと期待してしまう展開です。



うどんのセットは、平天入り・卵とじ・冷やしの3種類から選択可で、デザートもワラビもちと白玉ぜんざいの2種類から選ぶことが出来ました。

僕が注文したのは、卵とじうどんとワラビもちで、京風むすびとのセットです。





うどんは一人用の土鍋で軽く煮込まれていて、鰹が勝ったツユがいい具合に染み込んでいます。



太さは呉と広島の中間くらい。

讃岐的なコシは無く、つるっと食べやすいタイプです。



七味は和山椒が多く使われていて、以前京都で買った原了閣のと同じようなニュアンスを感じ取りました。





京風むすびは、噛み切りにくい海苔で巻かれた俵むすび。



どこが京風なのかなと思っていたんですが、京都出身の人に聞いてみると、「京都は俵むすびだから」と教えてもらいました。



なるほど~。



デザートのワラビもち。



香り豊かな黄な粉と丁度良い甘さの砂糖、そして口の中に吸い付くようなワラビもちはなかなかの旨さ。

滅多に甘いものを食べないからでしょうが、新鮮な体験で、うどんセットの満足度を高めてくれました。



その他の軽食メニューは、そば・にゅうめん・雑炊などが800円前後。



量は少なめですが、日本の甘味と共に出汁の効いた麺類をいただくのも悪くないものです。

ごちそうさまでした!!

(2014.9)

※久々に、ちからのうどんとおはぎを食べたくなってきました。賛同者は少ないんですが、一緒に食べると、合うんですよ、これが。


■お店のデータ
法善寺
広島市中区立町6-4
0822477070
営業時間・定休日:未確認



その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。












関連記事
コメント
この記事へのコメント
たしか
パルコができた再開発の前、
今はヤマダ電機の裏にある「たこつぼ」の隣にあったのではなかったでしょうか?
2014/10/28(Tue) 20:54 | URL  | 通りすがり #-[ 編集]
通りすがりさんへ
ほー、そうだったんですね!

パルコが立つ前にあったお店って、シェーキーズ位しか記憶に残ってません(苦笑
2014/10/29(Wed) 08:02 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック