白目をきれいに
2014年10月11日 (土) | Edit |
広島中央郵便局の北側にあるお好み焼きの「花子」。

特に理由も無く訪問を後回しにしていましたが、先日訪れたイオンみゆき店で見かけて思い出し、国泰寺の本店に行って来ました。





この階段で2階に上がると、


お店の入口があります




店内は少な目の照明とダークカラーを多く用いた設えで、落ち着いた雰囲気を演出。

左側(窓側)にテーブル席、右側には鉄板が配置されています。

僕はテーブル席に誘導されかけましたが、鉄板前で食べたい旨を伝えて、そちらに陣取ることに。



メニューは肉玉そば(うどん)を基本として、国泰寺焼という品やトッピングメニューが用意されています。

注文したのは、肉玉そばの野菜W。

訪れた頃は野菜が高かったものですから、野菜W100円増しならと思い注文させていただきました。



焼き方は至ってスタンダードで、キビキビとした動きと丁寧な焼き方が好印象です。

さわりだけ書いておくと、生地は小さめで魚粉・キャベツ・魚粉・塩コショウガーリックパウダー・天かす・もやし・豚バラ3枚で反転。

そばは出汁のような液体でほぐし、ラードと思われる油を注し、片面がしっかりと色付くまで焼きに入ります。

玉子もしっかり目に火を通して、完成したのがこちらです。





奇をてらわず、きちんと焼かれた一枚で、なかなかの旨さ。

食べてみて気付きましたが、そばが普段食べているのと比べると細めです。

どうやら、升萬食品(広島市西区)がお好み焼き用に作った「ゆで麺」なんだそうです。


※ツッコミたい方はどうぞ(笑)。



あ、そうそう。

他のお客の国泰寺焼が出来るのを見ていたんですが、これは焼き方が面白かったです。

生地からもやしまで積み上げて、そこに卵を割落とします。さらに、そば・豚トロと乗せて反転。

そばの面がこんがり焼けたら完成です。

おそらくは、中の卵は半熟状態で、そばのカリカリ感との対比で考えられた焼き方ではないでしょうか。



次回の訪問では国泰寺焼を食べてみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2014.9)


■お店のデータ
花子
広島市中区国泰寺町1-3-14
0822400875
11~14時
17~23時
定休日:日・祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック