白目をきれいに
2014年10月09日 (木) | Edit |
今から3年前の事。

広島県内の全ての酒蔵の日本酒を飲むために、酒販店では手に入らない銘柄を求めて蔵に直接出向く、という事をしていました。

その中の一つに、安佐泉(安佐酒造)というお酒がありまして。



安佐酒造を目指して自宅を出発した僕は、可部街道を北に向かい、ココス八木店のある交差点で右折。

直進して太田川に出ると左折して、川沿いをひたすら北に進みます。

そして、3本に枝分かれした内の真ん中の道を進んだ先に、安佐酒造と思われる建物を発見。



「あゆ太郎」と書かれた軽トラはありましたが、人の気配は無く、ここでの購入を諦めて、来た道を戻る途中。

偶然見つけた食堂が、今回訪れた『せせらぎ』でした。



それからしばらくは気に留めていましたが、やがては失念。

実は最近、ひょんなことから、ネットでお店の事を見かけ興味を持ったものですから、「三次きん菜館」で野菜を仕入れるついでに立ち寄って来ました。







店内にはテーブル席2卓とカウンターが用意されていて、こぢんまりとした食堂の風情が漂っています。



入店したのは11時40分ごろでしたが、不便な立地にもかかわらず、そこそこのお客の入りでした。



メニューです。







ラミネートされたグランドメニューがメインで、ホワイトボードに手書きされているのは夜営業用のおすすめメニューでしょうか。



注文したのは、煮込みすじ定食。

ノーマルの中華そばを妻が注文しましたので、イチオシと思われる煮込みすじを定食で注文してみた訳です。



出て来た定食は、すじ煮込み・多目のご飯・小鉢・漬け物という内容。



まずは煮込みからいただいてみると、醤油が勝った味付けのツユは鰹などの出汁がしっかりと効いています。

少しピリッとする辛さも感じますので、一味等も使われているようです。





すじ肉は、赤身部分はほぼ使われておらず、プルプルとろとろのゼラチンが多い部分がほとんどの印象。

柔らかく臭みも無いですし、このすじ煮込みはなかなか旨いではありませんか。



妻が注文した中華そばです。



良い感じの獣系の匂いが漂うスープは、いざ飲んでみるとインパクトに欠ける味わい。

コクが足りず油脂が多い印象で、鶏(チー油?)と麺の匂いが個人的には少し気になりました。



麺は、この手の食堂でよく出会う柔らかい茹で加減で、ご常連と思われる男性客が固めで注文していたのも頷けます。

ここにすじ煮込みが乗れば旨いだろうなとは思いますが、ラーメン単体では惹きが弱い印象です。



すじ煮込みはテイクアウトが可能とのことですので、家飲みをする際に持ち帰ると喜ばれるのではないでしょうか。

ごちそうさまでした!!!

(2014.9)


■お店のデータ
せせらぎ
広島市安佐南区八木9-31-18
0828732226
11~14時
17~21時
定休日:月曜日
※駐車場は店の周りに2~3台あり。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
前行った時、しばらくすじ煮込みはお休みします、とあったんですが、復活したんですね~!!

お察しのとおり、次回はぜひ「すじ肉ラーメン」を食べてみてください!
すじ煮込みの出汁がスープに混ざって、Wスープ的な旨さに変身しますよ~!
2014/10/10(Fri) 12:05 | URL  | マスイ #1wIl0x2Y[ 編集]
マスイさんへ
実は、マスイさんの記事読んだので、行って来ました(笑
2014/10/10(Fri) 12:54 | URL  | oomin(大見高司) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック