白目をきれいに
2014年10月08日 (水) | Edit |
この日は午後を丸々費やし、実家の片付けを。

まずは四畳半の部屋に手をつけてみましたが、予想以上の物量に苦戦です。。。



たんすやテレビ台を動かすたびに舞う埃でアレルギー症状が出ながらも、捨てる物を仕分けし続け、ひと段落付いたのが夕方の6時頃だったでしょうか。

残りは次の日に持ち越すことにして、夕食を食べるために向かったのは、南区宇品西にある『こうさか』という鉄板焼きのお店です。



宇品西は、今ではロードサイドに店やマンションが建ち並び、生活利便性の高いベイエリアとして広く認知されています。

このエリアに比較的早い時期に出店したのが、デオデオ(当時)・浜勝・フレスタ(当時)の3店で、ここは「ベイシティ宇品」と呼ばれている一角です。

そんな「ベイシティ宇品」の裏に、今回訪れた『こうさか』があります。





中に入ると、左右に広がる鉄板席が正面に見え、右手奥には半個室のボックス席がいくつか用意されています。

さすがに土曜日の夜だけあって、ほぼ満席。

予約をしておいて良かったです。

店員は7名程度と思われ、鉄板前で調理担当の3人以外は、ドリンクとホール・調理補助を兼ねて忙しく店内を飛び回っていました。



店の雰囲気としては、若くて元気。

さてさてどんな感じなんでしょうか。



まずは、こうさかサラダを店員の勧めにより注文。

季節の品(この日は梨)が使われているのがおすすめ理由なんだそうです。



野菜は水菜とプチトマトで、豆腐・海苔・海水晶にさっぱりドレッシング。

梨を使う事で面白みはありますが、感想としてはまずまずの旨さというところでしょうか。



牛もも肉のステーキ。



おろし玉ねぎを使ったソースとガーリックチップでいただきましたが、肝心の肉の味がなく、ちょっと残念なステーキでした。



上ホルモンは流石の旨さ。



甘くプリッとしたホルモンとキャベツを炒めて、味付けは塩コショウ。

オールフリーがすすむ君です(笑)。



青森産にんにくのソテーは、ほっこりと甘くて旨いニンニクでした。



女性陣は1皿追加オーダーするほど、気に入ったようです。



たたききゅうり。



ごま油と酢醤油に漬けたきゅうりで、口直しとして存在感を発揮します。



せせり。



これはちょっと火を通しすぎ。



キムチチャーハン。



ご飯のばらけ具合も良く、なかなか旨いチャーハンでした。



〆はお好み焼きで肉玉そば。



ほっこりと甘いキャベツ・カリコリに焼いた麺・半熟玉子と流行るポイントを抑えた1枚で、なかなかに旨いお好み焼きです。

各素材の甘みが前に出るタイプで、ビールが飲めないことを久々に恨んでしまいました(苦笑)。

難点としては、崩れやすいこと。

貼り付けではなく後乗せと思われる半熟玉子は一体感を損ないますので、キレイに食べるのはなかなか難しいですね。

ちなみに、うどんの場合は卵は貼り付けられていました。



あ、そうそう。

日本酒は獺祭・雨後の月・飛露喜・新政・神雷・澤屋まつもとなどがメニューに載っていたように記憶しています。



『こうさか』は活気のあるお店。

気の置けない仲間たち3~4人でワイワイ飲み食いするにはピッタリではないでしょうか。

ごちそうさまでした!!

(2014.8)

※パリオコバーガーが名物らしいんですが、食べるの忘れてました。。。


■お店のデータ
こうさか
広島市南区宇品西2-16-30
0822550012
11~14時
18~24時
定休日:火曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック