白目をきれいに
2010年06月21日 (月) | Edit |
休みの日に、広島電鉄江波線の一本裏通り、ファミリーマートの近くにあるお好み焼き屋「かんらん車」に行ってきました。

2010060911350000.jpg

鉄板周りが7~8席とテーブル2卓で6席ほど。

夜は鉄板焼きメニューもあるお店です。

ちょうど昼時でしたので、来店が次々と。

持ち帰りの注文電話も多いです。



メニューを見るまでもなく注文する品は決めていたのですが、お好み焼きを焼いている大将のリズミカルな動きや生地の引き方などを見て旨そうな予感がしましたので、心変わり。

お好み焼きの肉玉そば改め肉玉そばダブルを注文。

※そばが増えただけかい!というツッコミはご勘弁。



粘度の高い生地を薄くそしてやや小さめな円形に伸ばし魚粉を振りかけた後、キャベツ、天かす、もやし、厚めの豚バラ2枚を乗せ、しばし放置。

数分後にひっくり返します。

2010060911420000.jpg



麺は生麺です。

茹でるのは奥様のようです。

ラードを敷いた鉄板の上に茹で上がった麺を奥様が乗せると、ご主人が円く形作ります。

麺の表面をパリッと焼く作戦のようです。

片面が焼けたらひっくり返し、麺をほぐすとラードを追加するという手法。



待つことしばし。

一瞬、目を疑うような光景が。。。



麺に乗せる前に、豚肉とキャベツの位置を入れ替えたんです。

初めて見たなぁ、こんな焼き方。

豚肉が焦げるのを嫌ったんでしょうか?

※焼いている最中の並びは、通常:麺→豚肉→野菜類→生地。このお店:麺→野菜類→豚肉→生地。



そばに卵を張り付け、よいしょ!とひっくり返したら出来上がり。

ソースは多めに塗られその上からは青のりが振られただけ。

さて完成です!いただきま~す!

2010060912010000.jpg



甘いです。

キャベツの甘みが良く出ています。

ソースは甘さと酸味が両立。そばはカリッふわっ。

旨いですねぇ。

最後までペースが落ちることなく、パクパクと食べられました。



久々にきちんと焼かれたお好み焼きを食べました。

美味しかったです。ごちそうさまでした!!!

僕個人的には、次回はソース少なめで食べてみたいですね。

※鉄板で食べるときには、カウンターの木部のところにランチョンマット的なものを敷いてくれます。ヘラから落ちた具材でカウンターを汚さない工夫なんでしょうね。繁盛店ならではの知恵、なんでしょうか。

※食べた後の軽さは特筆ものです。胃がもたれないのは嬉しい。って、胃のキャパが大きくなっただけだったりして(苦笑)。

※同じ時間にツイッターのフォロワーさんがいらっしゃったようです。二人とも後からTLを見て気付いたのですが(苦笑)。店内にいる時に気づいたら面白い展開だったのに。

(2010.6)


■お店のデータ
かんらん車(かんらんしゃ)
広島市中区猫屋町2-16 グローバル猫屋1階
0822337027
11:30~15:00
18:00~22:00
定休日:月曜日
お好み焼き肉玉そば(うどん)700円 そば(うどん)ダブル+150円 お好み焼き定食:お好み焼き肉玉そば(うどん)、ライス、味噌汁、漬物850円(平日昼のみ)


※ページ右側の「テーマ別書き込み数」内に各カテゴリーの記事一覧を作りました。飲食店記事の検索などにご活用ください。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。








関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック