2014年09月17日 (水) | Edit |
銀山町・流川方面のランチ開拓中に、ふと香ってきたニンニクの香り。

どこからだろ?とその元を探してみると、一軒のお店にたどり着きました。



お店の前まで行くと「日本初 汁なし韓カン麺」という幟旗が貼られていて、汁なし担担麺の韓国版を出されているのかなという印象。

すぐにでも入ってみたいと思ったんですが、ニンニクの匂いが強く、業務に支障が出てはいけませんので自重することに。

後日、体制を整えて訪問して来ました。



お店の名前は『チゲ』。

流川通り側からですと「そらきゅう」等が入っているカサブランカビル横の路地を薬研掘方面に向かって進むと、お店が見えてきます。

薬研掘通り側からは、シシンヨーよりも少し南(平和大通り寄り)に幟旗が見えますので、それを目印にするといいでしょう。





店頭に掲示されているメニューです。





汁なし韓カン麺以外にも一品物もあるようですが、これは夜メニューかもしれません。



店内は、L型カウンター4席に4人掛けテーブル2卓、狭い厨房のこぢんまりとしたスペース。

ご店主お一人で切り盛りされているようです。

入店したのは12時10分頃でしたが、ほぼ満席という人気振りに驚いてしまいました。



店内にあるメニューです。



色んなのがあるねぇと思い眺めていると、今日は細麺が品切れで太麺しかなく、ホルミョンかチゲジャンミョンしか出来ないとの事。

この前日にホルモン味噌ラーメンを食べていましたので、チゲジャンミョンを注文してみました。





でてきたチゲジャンミョンは、透明度の高いスープに赤い辛味成分(唐辛子)とごま油が散っていて、ネギの緑と玉子の黄色でとても色合いの良いビジュアル。

スープは雑味の少ないクリアな味わいで、唐辛子の辛味やにんにくの香り、醤油っぽい風味などが感じられる旨いスープです。

味噌っぽさは少ないように感じました。

出汁は、汁なし韓カン麺が牛骨と牛すじ・牛肉という事ですから、流用と考えたら良いんでしょうか。



麺はとても面白くて、薄いグレーの極太麺。



食感としては、韓国のお餅:トッポギのようでもあり、弾力の無い固めのうどんの様でもあります。

これはかなりの存在感で、麺自体も旨いと感じました。

具材には、豆もやしやぜんまいなどのナムルと牛すじが使われていて、こちらもなかなかの旨さ。



最近食べた辛い汁あり麺は、「極屋」のテグタンラーメンと「西尾」の辛ラーメン。

この2店と比べると、スープはよりクリアで、個人的には最も好みです。

これなら汁なし韓カン麺にも期待できるのではないでしょうか。



難点は、お値段。

税込み910円というのは、ちょっとお高い気もします。



夜メニューにも興味がありますが、まずは汁なしを食べてみなくては。

ごちそうさまでした!!!

(2014.8)


■お店のデータ
チゲ
広島市中区流川町5-3
0822490252
12:00~14:30
18:00~0:00
定休日:年末年始?


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック