白目をきれいに
2014年08月25日 (月) | Edit |
※閉店確認済。



若貴」・「五色屋」などが挑むも、短期間で撤退を余儀無くされた場所に出店した、四川料理の『菜心』。

中区広瀬町が「本店」で、夜に一度だけ訪れた事がありますが、陳麻婆豆腐定食のコストパフォーマンスの良さに驚愕した事が記憶に残っています。

今回は、友人と3人で飲み食いするために舟入店を訪れてみました。



お店の場所は、国道二号線の一本南側の筋で、舟入病院の向かい側です。







中に入ると、以前あったラーメン店と同じレイアウトである事に気付きます。

客席は、手前に調理場とカウンター席が7~8席ほど、奥にはテーブルが2卓ほどあったでしょうか。



メニューは今月のおすすめと、グランドメニューの2種類。







この日は各自が食べたい料理をバラバラと頼み、アラカルトで楽しんでみました。



まずは冷たい前菜から。

翡翠茄子のニンニク生姜ソースです。



ざっくり言うと、焼きナスに冷たい酢醤油を掛かけた料理で、生姜とにんにくをアクセントに使った感じ。

さっぱりと旨く、スターターとしては上々です。



柔らか鶏の葱ソース。



ふるふる食感の鶏にとろみのある葱ソースが掛けられています。

観音にある「恵莉華」でもこの手の料理は出てきますが、こちらは塩気で食べさせる組み立て。

これがビールと合うんですねぇ(笑)。



鶏軟骨の甘辛炒め(中辛)。



揚げた軟骨と玉ねぎなどを甘辛く炒めた料理で、軟骨のコリコリっとした食感が楽しかったです。



黒酢の酢豚。



僕は酢豚ってそんなに得意ではないんですが、黒酢の酢豚は大丈夫。

抑え目の酸味と黒酢の旨味が良いなぁ。



白身魚の辛口山椒オイル煮込み。



タラっぽい白身魚と白菜・シイタケ・もやしが具材で、スープは麻辣味満載!

ちょっと陳麻婆っぽい雰囲気もあり、これはこの日の一番でした~。



点心3連発。

焼餃子!





小籠包!!







水餃子!!!





焼餃子は少し塩が強いかなと感じましたが、ジュース溢れる小籠包とプリッとした皮の水餃子は旨かったです。



まだ若いであろう料理人が作った料理は、値段を考えると満足度は高く、麻辣好きな僕にとっては素敵な夜になりました。



「恵莉華」とはまた違った方向性の『菜心』。

どちらも魅力的です。

ごちそうさまでした!!!!

(2014.7)

※そして、灰皿は喜久牡丹。渋いっすな(笑)。




■お店のデータ
菜心舟入店
広島市中区舟入本町9-20
0822310345
11:30~14:00
18:00~22:00
定休日:水曜日


■菜心舟入店の訪問記
菜心舟入店2(2015.8)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説」で検索できます。一度訪問してみて下さい。
2014/08/26(Tue) 22:06 | URL  | 鬼藤千春の小説 #g.qUwJtQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック