白目をきれいに
2014年08月08日 (金) | Edit |
※2016.5業態変更し十日市に移転

ご店主から、移転5周年の感謝祭のお知らせメールをいただきました。

僕が初めて訪れたのが流川からの移転直後でしたので、『kanpai』に通い始めて5年も経ったんですね。

ついこの間の事のように思いますが(苦笑)。



という事で、感謝祭の生ビール100円&日本酒半額に連られて、今年初の訪問を果たして参りました。





平日は閑散としている事も多いんですが、さすがにこの日はほぼ満席。

取り急ぎ、早く出る料理を出して下さいましたので、ビールと共に楽しみました。





ポテトサラダはジャガイモがしみじみ旨く、マヨネーズも旨いです。





牛すじ煮込みは、とろんと溶けそうな部位ではなく赤身を中心に使われていました。

醤油も味醂も控えめですが出汁が効いていて味に不足なし。





自家製キムチは酸味が軽く辛味は強め。

ビールのあてにピッタリです。



今日はあさりもおすすめですよと言われましたので、追加で出していただく事に。



粒はそう大きくありませんが、中身がパツッと詰まった旨いアサリです。



酒蒸しで美味しくいただきました。



ここらから日本酒にスイッチ。



一杯目は、久々の会津娘(福島県)のうすにごりです。



音程で言うと「ファ」位のトーンの甘さが感じられ、軽い苦味と仕舞いのピリ辛で流す感じでした。

さすがに旨い!



刺身の盛り合わせは、ヨコワマグロ・烏賊・鯛・貝柱・太刀魚・小鰯という内容。



ヨコワの旨さもさることながら、ぱつっと張り詰めた小鰯の旨さは格別。







これらには亀齢の萬事酒盃中を。



おりがらみのせいか、いつもよりも米の味が感じられて旨かったです。



焼き物は、牛タン・鱧・穴子の3種。





ここでは、ふかふかの穴子が抜群の旨さ。



身が締まったのも好きですが、ふかふかの穴子も良いですねぇ。



飲んだ記憶のないお酒もありますが、写真はきちんと撮ったようです。。。


※大阪の秋鹿。


※香川の悦凱陣。


※京都の玉川。


※福井の早瀬浦。



次回は、全ての記憶があるように飲みたいと思います(苦笑)。

ごちそうさまでした!!!!

(2014.6)


■kanpaiの訪問記
kanpai(2010.4)
kanpai2(2010.9)
kanpai3(2010.12)
kanpai4(2011.2)
kanpai5(2011.8)
kanpai6(2011.12)
kanpai7(2012.5)
kanpai8(2013.4)
kanpai9(2013.5)
kanpai10(2013.12)
kanpai12(2016.3)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック