白目をきれいに
2014年07月16日 (水) | Edit |
ちょいと廿日市に行く用事が出来たものですから、前から気になっていた中国料理店の『哲』でお昼を食べて来ました。

お店の場所は宮島街道沿いで、宮内別れ交差点(いや三叉路か)を過ぎた所。

消防署の隣にお店があります。





余談ですが、『哲』の字がちょっと縦長ですよね。

なので、「折口」と読む人もいるとかいないとか(笑)。



さて中に入ると、向かって左側に広めの厨房スペースがあり、正面から右にかけてが客席。

店内中央にはコルクボードで仕切られたカウンター席があり、その向こうは壁に向かったカウンターがあるようです。

そして、右奥は掘りごたつで4卓だったでしょうか。





メニューです。





汁なし坦坦麺はもちろん気になりましたが、人気No.1と書かれた「特製みそ哲ラーメン」が気になり、こちらを注文。

同行した妻は、迷った挙句チャンポンメン&餃子を注文したようです。



先に出てきたのは、みそ哲。



札幌系のラードばっちりタイプではなく、味噌の色は濃いものの広島でよく見かける味噌ラーメンのビジュアルです。

そして、濃厚な味噌の香りが丼から立ち上がっています。



具材は、豚挽き肉・コーン・白ねぎ・青ねぎという布陣。

良くみると、ひき肉のある部分にはとろみがついていて、残りのスペースにはついていません。



まずはとろみのある部分をいただいてみると、見た目通りの濃厚な味噌味に加えて、しっかり引き出されたひき肉の旨味・ピリリとした辛味が感じられます。

これは、ご飯がすすむ君な味ですねぇ。



麺はパツッとした食感で、やや固めの茹で加減。



なかなか旨い麺だと思いましたが、これは噂の「ななも製麺」なんでしょうか。



妻が頼んだチャンポンメン。



キャベツ多めで、こちらもスープにとろみがついています。

二口ほど味見させてもらいましたが、汁あり塩焼きそばという印象。

キャベツが多いので、そう感じたのかもしれませんが、お味の方はまずまずでした。





餃子は、パリと焼かれてあんは甘め。

酸味の効いたタレとの相性は良く、個人的には好きな部類です。



次は醤油ラーメンを食べる!と妻が申しております。

次回は、僕は汁なし坦坦麺にしようかな。

ごちそうさまでした!!

(2014.6)


■お店のデータ

廿日市市串戸1-9-38
0829321434
11~15時
17~23時
定休日:水曜日


■哲の訪問記
哲2(2015.2)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック