白目をきれいに
2014年07月04日 (金) | Edit |
横浜での出張用務が終わり広島駅に到着したのは、22時30分頃。

事務所に寄って一仕事していたら、串カツとサンドイッチ食べたはずなのにお腹がすいてきました(苦笑)。

仕事の進みが遅かったため、これ幸いとブレイクタイムを設ける事に。



そいや、らーめん横丁七福人の『大豊』が旨いとフェイスブックで見たなぁ。。。

と、良いことを思い出したので、ちゅるっと一杯食べて来ました~。





暖簾をくぐって中に入ると、二人の女性がお店を切り盛り。

シャキッとした女性が主に仕切り、お年を召された女性(以後、大女将)は厨房内で悠然と座っています。



メニューです。





ここではラーメンの並と生ビールを注文。



ふんわり漂う豚骨の良い香りを嗅ぎながら店内を見渡すと、壁にたくさんのサイン色紙が飾られている事に気付きました。





見た感じ、カープや巨人などの野球選手のサインでしょうかね。



ふと厨房に視線を移すと、ちょうど麺が茹で上がる直前。

大女将はゆっくりと立ち上がり、麺上げとスープの調合を行います。

そして、出て来たラーメンがこちら。



うっすらとピンク色のチャーシューが目を引きますね。

そして多めに盛られた青ねぎとチャーシューのピンクのコントラストも良い感じ。

スープは豚骨醤油のような茶濁スープで、小さな脂の欠片が浮いています。



まずはスープを一口。

やや強めのラードの風味と豚骨の香りのバランスが良く、これはなかなか旨いスープではありませんか。

麺はプリとした食感で、この手のラーメンには珍しいタイプ。

特段の相性の良し悪しは感じませんでした。

チャーシューはとろとろに柔らかく、中まで染みたチャーシューダレが肉汁と共にじゅんわり感じられます。

もやしときくらげを間に挟みつつ、旨い旨いと一気に完食。



この味を安定的にたたき出しているなら、もっと話題になっても良いと思うんですが、いかがでしょうか。

ごちそうさまでした!!!

(2014.5)


■お店のデータ
大豊
広島市中区三川町9-16
0822463199
営業時間・定休日:未確認
※営業は夜だけです。


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック