2014年06月27日 (金) | Edit |
jelly.fish改め商業藝術が経営する日本料理の『RIVA』。

和菓子店「島々」の中を通って入店する動線は独特で、料理の評判も良し。

一度行ってみたいと思ってましたので、我が家の17回目の入籍記念日を祝うために訪れてみました。





一階は個室が二つと奥にカウンターがあって、二階は全て個室のようです。

階段が急ですが、と聞いていましたが、全く問題ない勾配。

と言うのも、トイレは二階のみなんだそうですよ。



いつもならカウンター指定するんですが、この日は珍しく個室での宴。

特段の意図はありませんでしたが、なかなか楽しいひと時を過ごす事ができました。



この日(と言うか、この月)の献立です。




※影、邪魔ですね(汗)

さてさて、どんな感じでしょうか。



まずは、先附三品。



右から、浜遊び・茄子そうめん・柏餅です。

浜遊びは、炙ったあさり・しゃこ・大和芋・もずくがお酢に浸され、アクセントに柚子胡椒が添えられています。

あさりの香りが良いのと、しゃこのシャクっとした食感が楽しい一品。

お酢の具合もスターターには最適ではないでしょうか。



茄子そうめんは、出汁と新生姜が決め手。

カツオ出汁でさっぱりいただけるのが良いですね。

柏餅は蕗味噌で。少しお腹に溜めてお酒を飲んでくださいとのメッセージかなと感じましたが、いかがしょうか。



続いては、冬瓜と鱧の椀物。



出汁でほっこり炊いた鱧&冬瓜にオクラのすりおろしと削りたての鰹節。

味付けは少ないですが、風味が立ってるので不足はありません。



次は、刺身数種。



右上からWの書き順に沿って書くと、コウイカ、夜鳴き貝、鱧、石鯛、鯵。

コウイカは、エゴマと木の芽、ネギにごま油で和風マリネ的な組み立て。

夜鳴き貝は瀬戸内海と同じ塩分濃度の塩水に浸しての提供です。

塩気は余り感じませんが、オリーブオイルの香りが良いですね。



炙った鱧は、粉醤油と酢味噌&梅肉でさっぱりと。

石鯛はわさびとレモンで、こちらもさっぱり。

鯵に合わせたのは醤(ひしお)と新生姜で、これも旨い。



筍の木の芽和えには、何とちぃイカの炙りが!

※写真忘れ。

福山方面では見かける小さなイカですが、まさかここで出てくるとは~、な食材でした。



鴨のへか焼き。



へかとは農機具のことで鋤の事らしいです。

鋤の上で焼いた料理が転じて、今のすき焼きになっているとの説明でした。

これ、鴨の香りが抜群!

さわやかな甘辛さに、鴨の油で炒めた葉ニンニクがふんわりと旨いです~。



ここで揚げ物の登場。



はじかみに魚肉を纏わせて揚げたものと枇杷の揚げ物です。

はじかみは細くて分かり難かったかなぁ。

枇杷は、とろんと甘くて、さっぱり!



口直しは、大長せとかの氷室で、いわゆるソルベですかね。



一気に掻き込んで、次を待ちます(笑)。



帝釈峡シャモのモモ肉と笹身に、ほおずきトマトとさや豆。



肉よりも、さや豆の香りが際立っていました~。

添えられていたイチゴのジュレは、個人的には面白い試みと思いました。



笹寿司三種。





タケノコや穴子が目立ちますが、笹の葉の香りが移ってる事で薄味でも満足できます。



〆の蕎麦は、府中の白蕎麦。



氷の下に蕎麦が隠れていて、浮いてる油は山椒油との事。

ほのかに痺れるのが良かったのか、妻がお代わりしておりました(苦笑)。



生菓子。



ここから一人一種類選びます。





写真はあれども、何を選んだのか覚えておりません(苦笑)。



料理は少量多種で、なかなか美味かったと思います。

味付けは総じて薄めで、今の僕にはぴったりでした。



飲んだお酒は広島の酒ばかり。



酒の説明もきちんとしていて、さすがに鍛えられている印象です。



料理はこの内容で4200円なので、少し奮発すれば無理のない予算でしょう。

聞けば色々教えてくれるお店ですので、見聞を広げるには良い店だと思います。

若い方で食に興味のある方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ごちそうさまでした!!!

(2014.5)


■お店のデータ
RIVA
広島市中区新天地1-17
0825455360
17~23時
定休日:なし



その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
粉醬油とは珍しいですね。
小倉天寿しで使われていたのが印象に残っています。
2014/06/27(Fri) 13:44 | URL  | わぴこ #-[ 編集]
わぴこさんへ
粉醤油は珍しいですよね。

存在は聞いていましたが、食べたのは初めてでした。
2014/06/27(Fri) 13:55 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック