2014年06月23日 (月) | Edit |
5年に一度、ある資格の更新で中区昭和町を訪れます。

ほぼ一日拘束されてとても疲れるんですが、界隈で食べるお昼ご飯はちょっとした楽しみ。

確か5年前は、「地鶏庵」に初めて訪れて親子丼を食べたと思います。



さて、今回訪れたのは、お好み焼きの老舗『いしざき』。

お店は昭和町にあって、一応ランチ圏内の距離です。

でもお好み焼きって、出てくるのは早くても食べるのに時間が掛かる事があり、距離を考えるとランチタイムにはなかなか行きにくいカテゴリー。

この日は講習会の会場までダッシュで3分程度ですので、最悪は走って帰れば良いかなと思いまして。

※走り切れるかどうかは分かりませんが(苦笑)。



お店の場所は、コロッケで有名な小林正肉店の裏辺り。

角地にあるビルの1階で営業されています。





中に入ると、横に長細い鉄板が配置されていて、それを囲むように10席ほどの丸イスが用意されています。

壁に向かったカウンター席も幾つかありますが、お客は全員鉄板前にスタンバイ。



お店の切り盛りは、腰の曲がったおばあちゃんとその娘さん位の年齢の女性の2名で。

おばあちゃんがお好みを焼き、もう一人の女性がその他の業務をこなす体制です。



肉玉そば530円を注文して焼き方を拝見していましたが、なかなか個性的な焼き方で興味深く見させていただきました。



丸い生地に魚粉、盛りの良い細いキャベツにもやし、天かす、塩コショウ&白い粉の後に豚バラを置いて、つなぎをかけると反転。



本体のすぐ近くにラードを敷き、そばを広げて、上からラードを追加します。



実はこのそばが変わっていて、一般的な袋麺のようにつるっとした表面ではなく、まるで茹でる前の生麺のような風貌。

これに近い麺は本川町の「きずなや」がありますが、縮れ具合が異なっています。



ここからそばと本体の合体に移ります。

一般的な工程ではそばの上に本体をスライドオンしますが、こちらは本体を反転し直してソースで下味を加えたところにそばを乗せます。



この状態で再度反転させ、しばし焼き、卵を貼り付けると完成です。





鉄板の温度がとても熱く、いつまでも冷めませんので、口内火傷のリスクは非常に高いです。

そしてヘラの持ち手が金属ですので、ぎゅっと握って切り分けると、持ち手が手のひらに食い込み、徐々に痛くなってきます。

途中で鉄板から皿に移行するお客もいましたが、何とか最後まで鉄板で食べ切ることが出来ました。



鉄板の熱さや仕上がりのラフさは富士見町の「もり」と似ているところがありますが、食べにくさは『いしざき』の方が上ではないでしょうか。

お好み焼きが好きな方には、ぜひ一度行ってもらいたいお店です。

できれば、おばあちゃんが焼いている内に、と思います。

ごちそうさまでした!!!

(2014.5)


■お店のデータ
いしざき
広島市中区昭和町7-11
0822410814
11:30~14:00
定休日:日・祝


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
おいしそう・・・

久しぶりに食べるとものすごくうまく感じるんですよね♪
2014/06/24(Tue) 00:52 | URL  | ask #-[ 編集]
askさんへ
コメントありがとうございます。

いしざきには初めて行きました!

おばあちゃんの動きが少し心配になりましたが、旨いお好み焼きでした〜。

真夏に大汗かきながら食べてみたいです!
2014/06/24(Tue) 17:22 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック