2014年06月12日 (木) | Edit |
山口ツアー2日目の昼に訪れた「木下酒造」から、車で走ること約10分。

湯田温泉1丁目にある『山形屋』は、広島のラーメン好きの間でも評判のお店です。

こういう機会でもないとなかなか寄れませんので、ラーメンを食べて来ましたよ~。





ビルの前が駐車場っぽいんですが、停めにくそうでしたので、よそのコインパーキングに停めることに。

そして、お店があるのは地下。

下りる階段が螺旋で急ですので、足元にはご注意ください。



入口(地下)を1枚。



ラーメン店らしくない門構えですが、こちらのお店は正式名称を「西洋酒場山形屋」と言い、昼:ラーメン、夜:居酒屋という営業形態なんだそうです。

納得。



中に入ってみると、4人掛けテーブルが5卓程とバーカウンターの趣があるカウンター席が目に飛び込んできます。





メニューです。





あっさりラーメンと辛-メン、つけ麺の3種が用意されており、セットメニューやご飯等の単品メニューも。

あっさりラーメンは、かつお油・いりこ油が選べるようでしたので、それぞれを注文してみました。



上:かつお油、下:いりこ油。





見た目は変わらないようですね(笑)。



いりこ油のスープは香り控えめで、でしゃばり過ぎないいりこの風味がすっと駆け抜けていく感じ。

ベースは、旨味の強い鶏がら醤油でしょう。

いりこの余韻を残しつつ、後味には、まぁるい甘さが感じられます。

この辺りは、同じいりこラーメンでも香りが強い「瀬戸内ラーメン大島」とは異なる印象です。



麺は少し平たくて、ふすまが入っています。



加水の低い小麦麺らしい食感で、僕はここの麺、結構好きですねぇ。



具材は、水菜・煮たまご・メンマ・白ねぎで、特にメンマのシャクッとした食感が良かったです。

煮卵のトロトロ具合も良く、チャーシューの素材としての香りも良し。

具材の美しさ・旨さは、「今里」に負けず劣らずです。



いりこ油を食べた感想ですが、良くも悪くもアクが強い素材の嫌なところは微塵も感じさせず、パンチのある1杯に仕上がっていました。



一方、妻が注文したかつお油の方は穏やかに旨く、鰹らしい風味と酸味が感じられます。

僕にとっては、やや引きが弱い1杯。



どちらも旨いと思いますが、より好みなのはいりこの方ですかね。



限定の豚骨ラーメンも気になりますが、今回は売り切れのため断念。

次回はもっと早い時間に狙って訪れたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2014.5)


■お店のデータ
山形屋
山口県山口市湯田温泉1-1-40
0839239111
11:30~14:00
18:00~24:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業し火曜休み)



その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。










関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック