2014年06月10日 (火) | Edit |
酒蔵巡り後編の前に、初日の夜(萩市内)のお話を。



夜の食事って、旅行のメインイベントの一つですよね。

今回もいつものようにインターネットで下調べをしてみたんですが、今までのように上手く情報が集まりません。

都市の規模が影響しているのかもしれませんが、個人が書くブログが非常に少なく、見つけたとしてもフワッとした内容のため参考にならない事もしばしば。

そう思うと、広島の飲食店検索環境って恵まれているなぁと感じます。



あまり好きではないんですが、食べログに掲載している写真も活用しつつ訪問店の候補を絞る事に。

良さそうに思うお店が幾つかありましたが、調べてみるとなかなか良いお値段がするお店で、観光客も数多く訪れているみたい。

最悪はそこでも良いかなと思いながらも、探す事2週間。。。



ようやく最終候補として絞り込んだお店が、今回訪れた『はだの』です。

決め手になったのは、こちらのブログの写真。

なかなか旨そうだと感じた自分の直感に賭けてみました。



お店の場所は、萩市中心部から少し離れた土原3区という場所。

住宅と少しの店舗が混じる地域で営業されてらっしゃいます。

訪れる際の目印は、萩東中学校でしょうか。









店内は、左にテーブル席・右が生け簀前のカウンター席・正面奥には個室が幾つか用意されています。



厨房付近からの見通しは良く、接客担当の方だけではなく多くの目でお客の動きを捉えることができるレイアウトという印象です。

お店の切り盛りは、接客専門の女性が1名、洗い場兼接客要員が2名、厨房は見えませんでしたが大将と奥様が仕切られていたんでしょうか。



僕たち夫婦は、生け簀の目の前の空席に座らせていただきました。





メニューはグランドメニューと手書きのおススメメニューの2種類。





様子見も兼ねて注文したのは、刺身の盛り合わせ・トマトサラダ・キンタロウのフライの3品です。



つき出しの魚の皮ポン酢は魚種不明でしたが、コリコリ食感でまずまずでした。





続いては、刺身の盛り合わせ。



サザエを中央に配し、鯛・イカ・アジ・蛸・ヨコワがそれを取り囲みます。

お値段の高い日本料理店まではいきませんが、大衆割烹で出てくる刺身よりは少し良いなと感じました。

小皿で出された醤油は少し甘く、聞くと山口の醤油は甘いんだそうですね。

そう思えば、この旅行で食べた山口のラーメンは4杯中3杯に甘さを感じました。

ひょっとしたら醤油の影響なんでしょうか。



トマトサラダは、ドレッシングにオリーブオイルを使ったイタリアンな仕上がり。

口直しには良い存在です。





キンタロウのフライ。



サクッとベストな揚げ具合で、身が甘くて旨い!

某サイトで調べてみると「ヒメジ」という名で通る魚で、ひげの生えた赤い体が特徴のようです。



ここまではまずまずでしたので、もう少し楽しんでみようという事になり、いくつか追加注文。



焼き物の中からしいたけを。



これはまずまず。



そして、メイボ(カワハギ)の刺身を追加で。



薄造りの中心に、軽くボイルした肝と皮が鎮座しております。

何も付けずに1枚いただきましたが身自体の旨味は強くありませんので、ポン酢と共にいただくのが良いかなと。

肝心の肝は濃厚クリーミーで、抜群の旨さ。

大き目の肝を3~4枚の薄造りで巻いて食べると、これまた旨い!

これが1,200円とは、素敵です(笑)。



穴子の天ぷらを頼んだら、盛り合わせ風に出て来ました。



なす・かぼちゃ・ししとう・姫竹・穴子が乗って800円!

この中では姫竹と肉厚穴子の香りがとても良く、満足のいく内容でした。



箸休めに注文した、大根おろしと塩辛。



このまま混ぜて食べるんですが、この組み合わせ結構良いですね。

大根おろしの甘さとイカの塩辛の塩分が良い具合に交じり合い、熱燗がすすんでしまいます(笑)。



ちなみに熱燗は富久娘(!)の上撰。

注文のたびに一升瓶が厨房に運ばれていましたので、熱燗マシーンで自動的に、ではなさそうです(笑)。



〆に注文したのは、豆腐汁とあさり焼きそば。





豆腐汁は、魚のアラ出汁が入った濃い目の味噌汁という風情で、酔い覚ましに良いですね。

焼きそばはどんな感じか楽しみでしたが、殻付きアサリが入った焼そばで、特段のサプライズはなし。

お味の方は旨いと思いました~。



ドリンクは、生ビール1・チューハイ1・日本酒5合を注文。

1.3万は覚悟しましたが、お会計は1万未満。

おかげで、お酒を買う費用が捻出できました(笑)。



注文する品によっては多少のレベル差はありますが、一定レベル以上には旨いと思います。

適度な放っておかれ感も悪くなく、お値段を考えてもまずまず推せるお店かなと。



「豊月」や「千代」(いずれも未訪)といったパリッとしたお店も良いんでしょうが、『はだの』で地元の方に混じって飲む酒もなかなかのものです。

萩に行かれることがあれば、参考になさってください。

ごちそうさまでした!!!

(2014.5)


■お店のデータ
はだの
山口県萩市土原3区575-8
0838262388
17~23時
定休日:水曜日


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。













関連記事
コメント
この記事へのコメント
山口のラーメンは甘みがあるんですか。
ラーメン屋は基本的に近くしかいかないから視野が狭い。。
最近、呉市阿賀の「みちくさ」というラーメン屋に行きました。元々は90歳くらいにおばあさんがやってたんですが、去年引退し若い人に変わっていました。鳥ガラと豚骨でなかなか好きな味です。昼もやってればいいんだけど屋台風なんですよ。
そうそう今日、外食して知ったんですが、樽のスパークリングワインがあるんですね。ちょっと甘めだけど450円だし酎ハイ飲むよりはいいんじゃないかと。

2014/06/10(Tue) 22:46 | URL  | ジジ #-[ 編集]
ジジさんへ
全ての店と言うわけではないんでしょうが、醤油が甘いので、その影響かなと思いました。

樽のスパークリングてのがあるんですね〜。ちょっと興味あり(笑)。
2014/06/11(Wed) 10:19 | URL  | oomin #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック