白目をきれいに
2014年06月06日 (金) | Edit |
一昨年の12月に、山口県防府市にオープンしたラーメン店『今里』。

当初から今に至るまで「旨い」との評判を聞いておりましたので、山口ツアー(酒蔵&ラーメン店巡り)の初日の昼に立ち寄ってみました。



お店の場所は、JR防府駅の南の方。

地元ではないので、この位しか説明できません(苦笑)。



駐車場は、お店の前に2台と裏に4台。



僕たちが到着したのは13時を過ぎていましたが、駐車場の空きがなく15分ほど待っての入店でした。



店内は厨房スペースに面積を割いたレイアウトで、奥の方には製麺機が。

そういえば、こちらは自家製麺でしたね。

客席は、L型カウンターで12席ほど。





メニューです。



中華そばには5つのラインナップがあり、サイドメニューとしてごはんといなり。

トッピングメニューも幾つか有ります。



注文したのは、中華そばの元祖とあっさり。

こういう時、夫婦で来ると2種類食べられるので良いなと思います~。



ここで驚いたのは、提供時間の短さ。

注文から2分ほどしか経っていないのではないでしょうか。

早い!



さて、2種類を見比べて見ましょう。

上が元祖、下があっさり。





元祖の方には背脂っぽい塊が浮いていて、表面の油膜が心持ち厚めでしょうか。

具材はあっさりの方が多く、白ねぎ・メンマが増量されている事と海苔が追加されています。



次にスープを味わってみます。

どちらも鶏がらベースで魚介香るスープ。後口に少しの甘さが残る点も共通です。



元祖は油脂が多いので、強い旨味が油のカプセルに包まれている感じ。

一体感のある旨味カプセルという印象で、個別の要素は僕には分かりませんでしたが、旨いスープでした。



一方のあっさりは、生姜のようなフレーバーや貝柱っぽいニュアンス、舌に残る酸味など、いくつかの要素が重なっている事が感じられます。

元祖とあっさりの違いは、油脂の量の違いだけとは思えませんが、本当のところは不明。



麺は細めの平打ちっぽい縮れ麺。



固すぎず柔らかすぎず、ザクッとした食感の旨い麺です。



具材のメンマ・三つ葉・白ねぎ・チャーシューはどれも旨く、嬉しくなってしまいます。

食後の喉の渇きが少ないのも良いですね。



個人的にはあっさりの方が好みですが、これは「寿栄広食堂」の後に食べた影響もあるのかもしれません。

もう一度訪れる機会があれば、次回は辛口を食べてみたいと思います。

ごちそうさまでした!!!

(2014.5)


■お店のデータ
今里
山口県防府市字新田604-6
0835246231
11~15時
17~20時(木~土のみ)
定休日:日・祝



その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック