白目をきれいに
2014年05月16日 (金) | Edit |
出雲そばの『大黒屋』。

中区銀山町が本店で、広島駅前の再開発エリアにも支店?がありました。

確か、「純喫茶パール(未訪・閉店)」の隣だったでしょうか。





入店前に店頭のメニューを見てみると、各種そばの定食や丼物との合わせ技も。







中に入ると、黒やグレーが中心で暗めの内装と、ほぼ満席で賑わう店内の活気のコントラストが面白く、入口付近のカウンターに腰掛けた後、つい見入ってしまいました。



注文したのは、そば定食。



注文後すぐに、小鉢2と漬け物が乗ったお盆がカウンターの向こうから手渡され、その少し後に白ご飯が供されます。

周りのお客は、そばが出てくるまでのつなぎとして、小鉢とご飯を楽しんでいるみたい。

しかし僕は、写真撮影の関係上、そばが出てくるまで待ちましたが(苦笑)。



白ご飯の提供から2~3分後、待望のそばの登場です。





そばのツユは色が濃く、甘さと醤油が立っているような見た目です。

実際に飲んでみると、まずは甘さと醤油の風味が感じられますが、甘さはふわっと口の中から消えます。

色の割にはクドさもしつこさもなく、味の切れが良いツユという印象です。



そばは色が濃い目で、ガシッとした食感。

喉で楽しむと言うよりも、しっかりと噛んで楽しむそばなんでしょうね。



小鉢は、はんぺん&ちくわと切り干し大根の甘辛煮。

どちらもご飯のおかずには不足がありません。





ふと前を見上げると店宛のメッセージが書かれた山下清画伯の色紙があって、1962年との記載が。

その当時から営業していると言うことは、創業から50年超の老舗なんですね。

知らんかった~。



メニューを見た感じでは、蕎麦前も楽めそう。

もし訪れることがあれば、こちらのお店で扱っている出雲富士(日本酒)とちくわでスタートしてみたいと思います。

ごちそうさまでした!!

(2014.4)

※ちくわは、あごの野焼きというものだそうです。僕は結構好きだなぁ。


■お店のデータ
大黒屋
広島市中区銀山町5-3
0822410847
11~15時
19~翌2時
定休日:日曜日(祝日は不定休)


その他の飲食店記事はこちらからご覧いただけます。


所在地別飲食店リストはこちらご覧いただけます。









関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック